大分海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 8

大分海洋散骨

お墓について

戒名って必要なの?という素朴な疑問について/大分県で海洋散骨のまるっと終活大…

親族の葬儀があった折、 「○○寺にお願いすれば大丈夫だから。ずっとそこでお願いしているから」 という話を先代から聞いたけれど、そのお寺に一度も行ったことがない…というのは良くある話。 仏壇が家にあり、祖父母がその前で何度もお経を読む姿は、一...
自然葬とは

【自然葬のススメ】浄化の海・母なる海で海洋散骨を/まるっと終活大分支援協会/…

近年では、お墓のカタチやスタイル、納骨の方法、墓地の設備に民間のサービスまで、葬儀法要にまつわるもの全てにいろんな選択肢が増えてきています。 現代はまさに、納骨堂・永代供養の広まりが盛んなタイミングです。 人口が多い世代をターゲットにする ...
自然葬とは

自然葬の考え方 あの世でも夫婦一緒に過ごす?/大分県の海洋散骨ならまるっと終…

火葬して遺骨になった後は当然のようにあのお墓に入るのだろうな。お墓がなければ、自分(の遺骨)が入る場所がないから準備をしておかなきゃ。 働き世代を終えてセカンドライフを過ごす人の中には、自分が生きている間にお墓の準備をすすめる人が増えていま...
お墓について

大分県の自然葬/海洋散骨とは

自然葬とはお墓に入らず大自然に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。少し前までは、誰しもが土葬で自然へ還って...
お墓について

墓じまいで海洋散骨に注目が集まっているワケ/大分県の海洋散骨まるっと終活大分…

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。...
お客様の声

【墓じまい】震災がきっかけで大分県で海洋散骨をお願いすることにしました (福…

ここ10年くらいの間に、日本全国で自然災害が起こりましたよね。 特に九州では、豪雨や地震といった、人の力では止めようもない災害が本当に多くありました。 正直、一度自然災害が起こると、どうしようもない疲労感と虚無感に堕ちます。「人間って無力だ...
メディア掲載実績

【OAB大分朝日放送】の取材を受けました

メディア掲載実績

【大分経済新聞】に掲載されました!

大分経済新聞に取材されました。まるっと終活大分支援協会