墓じまい - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

墓じまい

自然葬とは

それぞれの道を歩む子どもたちへ。お墓のことは気にするな

親が墓じまいをする本当の理由 墓じまいというワードがよく取り上げられるようになり、大分でも墓じまいについて考える人が増えています。お子さんが都会で暮らしているという方たちからは、「お正月やお盆には大分に帰省していた子どもたちも、コロナをきっ...
墓じまい

海洋散骨。最期は優雅に、大分の海に抱かれたい

人生を振り返り第2の人生を悔いなく生きる 大分でも、墓じまいに取り組む人が増えています。少子高齢化の中で、お墓の在り方も、お墓に対する考え方も変化しています。まるっと終活大分支援協会に相談する人たちの中には、「墓じまい」や「海洋散骨」を検討...
未分類

豊後高田市社会福祉協議会にてセミナー開催

豊後高田市社会福祉協議会で墓じまい海洋散骨のセミナー こんにちは。まるっと終活大分の代表理事 木原です。 先日、豊後高田市社会福祉協議会の「令和5年度 市民後見人養成講座修了者フォローアップ研修」にご招待いただきセミナーを開催させて頂きまし...
墓じまい

親の子孝行。娘には娘の人生を。私たちの遺骨は大分で海洋散骨を。

親の子供孝行 家族のあり方、関係性によって、お墓やご先祖様に対する考え方も違います。まるっと終活大分支援協会には、様々なご相談やお問い合わせをいただきます。ご相談の中には、家族の幸せを願う気持ちが込められていることもよくあります。お墓や供養...
墓じまい

父が建てたお墓を墓じまい海洋散骨/母娘の決心/大分市

親の子孝行 墓じまい海洋散骨 墓じまいから海洋散骨の依頼でした。お父さんが生前建てていたお墓。お墓の中には、お墓を建てたお父さんが眠っています。しかし、後継者が娘さんだけ。お母さんが、娘さんの為に墓じまいを決心しましたそうです。いつか娘さん...
お客様の声

私の故郷は大分。人生を終えたら、大分の海で眠りたい

いつか帰りたい上京組の故郷への想い こんにちは。まるっと終活大分支援協会の代表・木原です。当協会では、終活や墓じまいに関する様々なご相談やお問い合わせをいただきます。人生の終盤にさしかかると、お墓や先祖供養、ご自身の死後のことについて考える...
大分県/海洋散骨の報告

3柱を代行で海洋散骨をとり行いました/大分市

大分県で代行海洋散骨が行われました 今日は代行海洋散骨の日。 3柱の遺骨を自然に還しました。大分市内の墓じまいのご遺骨(1柱)と、自宅で供養されていた2柱。この日は、風もなく穏やかな波でした。 昔は皆んな自然葬でしたから、海洋散骨とは昔の弔...
自然葬とは

大分県で自然葬。海洋散骨と樹木葬を徹底比較

大分県で自然葬。海洋散骨と樹木葬を徹底比較 近年、葬儀や供養の形も多様化し、環境への配慮から、大分県でも自然葬への関心が高まっています。中でも海洋散骨と樹木葬は、環境に優しい選択肢として注目されています。今回の記事では、海洋散骨と樹木葬を徹...
墓じまい

大分県で墓じまいを考えるときの費用のポイント

大分で墓じまい。費用はいくら?誰に相談? 最近話題の「墓じまい」ですが、これは、近年聞かれるようになったワードです。そもそも、これまでは「墓じまい」を考える人も少なかったため、「身近に墓じまい経験者がいない」という方がほとんどでした。「墓じ...
墓じまい

故郷の大分県での、墓じまいや海洋散骨を考えている方に…

近ごろ、テレビや書籍、インターネットでも“墓じまい”というワードがよく取り上げられています。これは、戦後から高度経済成長期・バブル期を経て、高齢化社会・人生100年時代を迎えた私たちが抱える大きな課題だともいえます。 この記事では、故郷の大...