大分海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 7

大分海洋散骨

大分県/海洋散骨の報告

大分県/海洋散骨をしました@別府湾 11月20日(土)

ご家族と一緒に海洋散骨をしました。少し風がありましたが、ご家族と一緒に、綺麗な夕日の中、お見送りしました。 大分海洋散骨 大分海洋散骨
お客様の声

妻は別府湾の海洋散骨にします (70代男性 大分県在住 一人暮らし)

1年前に妻を病気で亡くしました。 若い頃からの不摂生はこの歳になっても止めらえず、自分がてっきり先に逝くもんだと思っていたのに。本当に、男ってのは1人残されるとダメですね。 「あの時優しく言葉をかけてあげればよかった」 「奥さんのことをもっ...
お客様の声

私が大分県で海洋散骨を選んだ理由(80代男性 無職 大分県在住 一人暮らし)

これまでに、何人もの友人や知人、近所の方を見送ってきました。 最愛の妻も15年前に病気で亡くし、いつも家の中で一緒に過ごしたネコも2年前に逝きました。 独居になるまでの生活 20年前に現役引退をするまで、仕事ばかりしていた私は、ずっと妻を1...
お客様の声

「お墓に入らない」海洋散骨の生前予約 (70代女性 無職 大分県在住 夫と…

何十年も子育てをして、家事と育児の合間に家計を支えるためパートで働いてきました。 子どもは所帯を持って、他県で生活しています。 今、私は趣味の社交ダンスに情熱を注いで健康づくりに励む毎日を送っています。 そんな社交ダンスを通じて出会った、「...
お客様の声

私にとって理想の弔い形は自然葬=海洋散骨です (60代男性 大分県出身愛知…

私の両親は、生まれ故郷の大分県で仲良く暮らしています。 2人とも80歳を超えて、それでも毎日、近所の方々と小旅行にでかけたり、毎朝のラジオ体操を欠かさないような元気な生活を送っています。 時代の進歩はすごいですね。離れていても両親の様子がオ...
お客様の声

家族と一緒のお墓に入ることを拒否/海洋散骨を選びました (40代 飲食業 …

人生、いろんなことを考えて、 人生を生きて最期はみんな同じように死んでいくんだと思っていました。 私一人が何か特別な人間だとは思っていません。 だって、私と同じ悩みを抱えている人はきっと世の中にたくさんいるでしょうから。 私は、男か女かとく...
お客様の声

故郷から離れて両親のこれからを想う/海洋散骨(大分県出身・東京在住50歳 会…

私は、高校を卒業してから、大分県を離れてずっと県外で働いています。 現在は東京で妻、子供らと暮していて、この先もずっと東京で暮らしていくつもりでいます。 「実家がある大分県に戻ってこないのか?」と知人に聞かれることも、これまで度々ありました...
お客様の声

孫の言葉にハッとして海洋散骨を選びます(70代女性 無職 大分県 夫婦2人暮…

5年前、私の子どもが結婚して孫が生まれ、おばあちゃんになりました。 子育てをしていた時と違って、孫というのは本当に、無条件にかわいいものですね。 子ども世帯は関東で生活しているので、実家に戻ってくるのはせいぜい年1回。盆正月の長期休暇のタイ...
お客様の声

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために直葬と海洋散骨を選びます(…

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほ...
お客様の声

海洋散骨なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。 祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこもみんな近所に住み、若い頃は一家総出で畑仕事に精を出したもので...