管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 15

管理者

死後事務委任契約

相続や贈与は計画的に考える時代/2024年には税制改正も!

相続と贈与はどちらがお得なの? 家族の絆を大切にし、将来にわたって資産を守り育てていくためには、相続や贈与について計画的に考えることが大切です。しかし、これらの分野は法律や税金にもかかわる問題ですし、個人の状況によって対策も変わります。適切...
大分県/海洋散骨の報告

8月に永代供養の法要を執り行いました/大分で海洋散骨

大分の海での特別な法要:私たちの海洋散骨永代供養とは? 大分の海洋散骨永代供養法要とは? 私たち一般社団法人まるっと終活大分支援協会は、毎年お盆の頃、大分の海で海洋散骨の永代供養法要を行っています。 海洋散骨は、故人の意志や家族の願いに従っ...
お客様の声

関東から家族全員で大分出身のお父さんをお見送り

大分出身のお父さんをお見送り海洋散骨するお手伝い。大分県の国東出身のお父さん。若い頃に上京し、関東にて家族を作りなくなりました。生前から「大分に帰りたい」という願いがあったそうです。今回は、コロナ禍で長引いていた大分での海洋散骨のために家族...
お客様の声

【お客様の声】大分県佐伯市で墓じまい/勇気のいる決断でした。その理由とは

大分県佐伯市で墓じまい海洋散骨の様子 両親が元気なうちに墓じまい。その決意を先祖が後押し 今回は、「高齢の両親が元気なうちに墓じまいを…」と決意した山本さんのストーリーをご紹介します。ご自身は独身ということもあり、お墓の継承は難しいため、ご...
自然葬とは

大分県は墓不足なのか?海洋散骨が選ばれる本当の理由

日本は世界一の高齢者国で、少子高齢化(人口減少)しています。お墓を引き継ぐ後継者がいない家、後継者がいても女性なので負担になるから、、、という人が増えています。 人が必ず迎える最後は、誰にとっても考えたくないことでしょうが、、、、かと言って...
墓じまい

【お客様の声】大分県臼杵市で墓じまい海洋散骨を選んだ理由とは?

大分県臼杵市で墓じまい海洋散骨をとり行いました。 なかなか踏み出せずにいた「墓じまい」を終え、心穏やかに 2023年7月、Kさんから墓じまいと海洋散骨のご依頼をいただきました。 ご依頼主のKさんは50代の独身男性。離れて暮らすお母様も高齢に...
お客様の声

母子家庭で育ててくれたお母さんのお見送り/大分市

大分市内に住む若い姉妹からの依頼でした。母子家庭で育ててくれた大好きなお母さん。これから嫁いでいく娘たちにとって一番良いようにと思ってなのか、生前から「海洋散骨」を希望されていたそうです。お母さんを海洋散骨でお見送りした後は、分骨したミニ骨...
自然葬とは

少子高齢化・都市部への人口集中の理由で海洋散骨が注目

遺骨を海に撒く「海洋散骨」の利用者が急速に増えているそうです。ここ大分でも、少子高齢化の影響と、都市部への人口集中のため、お墓を後継する人いない家や子供たちが都市部で暮らし大分県へ戻って来れない(墓守りができない)家がふえています。そんな中...
墓じまい

墓じまいから 「海洋散骨」 へ〝自然に還る選択〞

月刊セーノ8月号の特別付録「くらしにあ大分」に掲載されました。 少子高齢化や単身世帯の増加から、お墓を管理する方法も多様化しています。『一般社団法人まるっと終活大分支援協会』では、墓じまいの選択肢の一つとして昔からあった『自然葬(海洋散骨)...
墓じまい

大分県で墓じまいを検討している方へ: 実際の体験談をもとに、その費用と手順を…

大分で墓じまいの費用 墓じまいは、家族や先祖の墓を手放す判断が必要なため、簡単な決断ではありません。しかし、お墓から遠い場所に引っ越したり、後継者がいない場合など、墓じまいが適切な選択となることもあります。大分県で墓じまいを考えている方に、...