管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

管理者

粉骨

自宅供養していた父の遺骨/粉骨して真空パック(50代女性/大分市)

大分粉骨パウダーサービス 自宅での遺骨供養は、多くの人にとって特別な意味を持ちます。そこには、愛する人とずっと居たい、力になって欲しい、寂しい、、、など亡き家族との絆を感じることができます。しかし、時として環境の変化や生活の変遷によって、遺...
終活

【相続問題】長男に、自分の財産を相続させたくない…

長男に相続させたくない相続問題で遺留分廃除とは まるっと終活大分支援協会には、終活や相続、供養にまつわる様々なご相談やお問い合わせをいただきます。近ごろは、ご自身の死後の相続問題を心配している方も多いようです。今回は、70代女性のエピソード...
大分県/海洋散骨の報告

千葉県から墓じまい海洋散骨/50代女性

千葉県から墓じまい海洋散骨の依頼 大分市勢家町にある伝統的なお寺の境内にあるお墓の「墓じまい」を依頼されました。墓じまいからのお見積りを依頼されたのですが、墓石撤去はお寺の指定業者のみ行えるとのことで、閉眼供養後に指定業者が取り出したご遺骨...
大分県/海洋散骨の報告

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ(70代女性)

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ お互い再婚同士の夫婦だったそうです。ご主人は12年前に亡くなり、ずっと自宅で供養していました。「自分も年老いて、子供もいないし、身寄りがいないから。心残りが主人の遺骨でした。」と語る姿が印象的で...
お客様の声

娘と孫でお見送り海洋散骨/大分県

「おかげさまで貴重な時間を過ごすことができました。」(海洋散骨体験談/大分県40代女性) ご両親が終活用に、あらかじめ当協会の資料を取り寄せて置き、娘さんに「自分の死後は海洋散骨で」と、託していたそうです。資料請求から5か月後、ご本人の意思...
大分県/海洋散骨の報告

葬儀社からの紹介/特別代行海洋散骨(60代女性)

ご主人が希望したお墓を持たない選択とは 葬儀社で家族葬後、四十九日の法要の後に特別代行海洋散骨を執り行いました。亡きご主人が海洋散骨を希望されていたそうです。ご主人は次男なのでお墓を建てていないそうで、「お墓を持たない選択」をされたと言って...
歌声音楽会

特別養護老人ホーム 碩田柞原の里『大分歌声音楽会』

特別養護老人ホーム 碩田柞原の里 📍大分市碩田柞原の里のオレンジカフェを訪問して昭和の懐メロ歌声音楽会を開催して来ました。 オレンジカフェとは、高齢者が集まる地域のコミュニティです。 お茶やコーヒーなどを楽しみながら会話やゲームなどを通して...
お客様の声

東京から墓じまい海洋散骨/代行海洋散骨(70代男性)

東京から墓じまい大分で海洋散骨 私たち夫婦は、長年東京で暮らしています。私は、大分の高校を卒業してすぐ上京し、就職しました。東京で結婚し、2人の娘を育てました。お陰様で娘たちは嫁いで孫もできました。 20年前に父が亡くなり、父が生前建てた地...
大分県/海洋散骨の報告

中国からお見送り海洋散骨

大分で海洋散骨中国からの依頼 78年前、終戦の時、中国には多くの日本人がいました。中国大陸に残された日本人の中には、そのまま中国に残る選択をした日本人もいました。今回の依頼者は、その時に中国に残る選択をした女性の子孫でした。 中国に残った女...
終活

【大分で家じまい】終活の一環として実家の売却を検討

大分で実家じまいする方法 まるっと終活大分支援協会には、終活や相続、供養にまつわる様々なご相談やお問い合わせをいただきます。県外で暮らしながら、大分で暮らす両親や実家のことを心配している方も多いようです。今回は、東京で暮らす50代男性のエピ...