管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 13

管理者

大分県/海洋散骨の報告

大分出身のお父さんを代行海洋散骨

関東からの依頼でした。大分で生まれ大分で育った故人。若い頃に上京して身を立てたそうです。東京で結婚して、子供を育て家庭を築きました。代行海洋散骨を依頼されたのは娘さんでした。 お父さんが亡くなってすぐに相談を受けました。お父さんはずっと大分...
お客様の声

スッキリしました/大分市内からお見送り海洋散骨

大分市内にお住まいの女性姉妹からの依頼でした。先祖のお墓じまいをして、お墓の中のご遺骨2柱をお見送り海洋散骨をしました。船に乗っている時、「お墓の中にいるより、こっち(海洋散骨)の方がいい!私も海に流して欲しい」と、姉妹2人の会話がとても印...
グリーフケア

大分市でグリーフケアカウンセリング

私たちは、人生の中で「何かを失う経験」を必ずします。誰しも、その悲しみからは逃れることはできません。愛する人の死、離婚、仕事の失敗、健康状態の変化、失恋、失業など。これらの悲しみの感情をどのように処理し、癒やしていくことを「グリーフケア」と...
お客様の声

凄く安心しました/別府市から墓じまい海洋散骨の依頼(60代女性)

知人が当協会で海洋散骨したと聞き資料請求を頂き、すぐにお申し込みがあり代行で海洋散骨を執り行いました。お墓の中に眠るご主人のご遺骨を取り出しお墓じまいをして、海洋散骨へ。亡くなってかなりの年月が経過しているのでしょうが、ご主人が好きだったお...
大分県/海洋散骨の報告

大分市からの依頼/代行海洋散骨

「散骨証明書は要りません」ご主人が亡くなり49日後に依頼されました。 大分市内に住む70代の女性から「代行海洋散骨」の依頼で、ご自宅までご遺骨をお預かりに伺いました。老々夫婦で49日間はご自宅で一緒に過ごしたそうです。ちなみに、自然葬(海洋...
自然葬とは

大分市で海洋散骨/関東からの依頼

大分で生まれ育ったお父さんが今年の初めに亡くなったそうです。関東に住む娘さんからのご依頼でした。お父さんは大分からの上京組。関東で仕事をして、恋をして、家庭を持ち、家を建て、子供たちを育て、関東で亡くなりました。 生前のお父さんは、生まれ育...
墓じまい

墓じまい海洋散骨とは?

「墓じまい」とは、お墓を閉じる行為を指します。墓石の撤去や墓地の解約(返却)、遺骨の移動などが含まれます。墓じまいの理由は様々で、後継者がいない、墓地の維持費が負担になる、家族が遠方で暮らしているなどがあります。 「海洋散骨」は、遺骨を海に...
墓じまい

大分県大分市で墓じまい海洋散骨

日本は急速な人口の高齢化が進行しており、全国的に死亡数が増えているという傾向です。大分県では、年間15,885人(令和3年)が死亡しています。そのうち、県庁所在地である大分市は、全体の1/3を占める、年間5,032人(令和3年)が亡くなって...
墓じまい

大分県別府市で墓じまい海洋散骨

墓じまいとは、既存の墓地を解体または移転し、遺骨を他の場所に移すことを指します。墓じまいの背後にはさまざまな理由がありますが、多くの場合、墓地の維持や管理が困難になったり、家族構成や生活スタイルの変化に対応するための選択です。 一方、海洋散...
墓じまい

大分県杵築市で墓じまい海洋散骨

大分県杵築市は人口2万6千人。杵築市は豊かな自然環境に恵まれおり、山地と海岸線に囲まれ、美しい景色を楽しむことができます。2015年は3万人超えの人口も、2017年に2万9千人、2020年には2万7千人、2023年には2万6千人となり、杵築...