大分 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 9

大分

お墓について

自分の遺骨はどうなるか?/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

最近、遺骨を巡るトラブルが多いというニュースをよく聞きます。 「都合がわるい」「ジャマになってしまったから」という理由で放置、棄ててしまうといった事例もあるそうです。 大切な人を亡くした方にとっては考えられない!と思うでしょうが、世の中、人...
自然葬とは

日本の弔い方と自然葬について/大分県で海洋散骨

現在の日本では、亡くなったら遺体をほぼ100%火葬しています。ただ、一般的に火葬が行われるようになったのは昭和時代のことです。 歴史的な背景やその時々で変わる事情によって、葬儀、弔いの方法も変化します。 弔いの方法に最も関わるのが信仰宗教や...
自然葬とは

遺骨の粉骨代行を利用するメリット/大分県

ご遺骨の粉骨代行を行う事業者があるのをご存知ですか? 手元供養したい方にとっては便利なサービスです。 粉骨のメリットを紹介します。 骨壷サイズを小さくできる 亡くなった方の葬儀を終え、火葬を行った直後に収骨をしますが、骨壺の大きさが関東と関...
お墓について

急増する永代供養墓とは一体なに?/大分県の海洋散骨まるっと終活大分支援協会

大分県で急増する永代供養墓とは一体なに? 近年、日本全国でいろんな特徴をそなえた霊園や納骨堂が増えてきました。 墓地が不足している東京など首都圏を中心にして、近年ではビル型の納骨堂が増えはじめているようですが、その傾向は地方にも広がりつつあ...
自然葬とは

どうして骨を粉状に砕くの?/大分県の海洋散骨まるっと終活大分支援協会

自然葬や合同葬に必要な”粉骨”の流れと費用について 遺骨を粉骨するとは? ”粉骨”とはその字のとおり、亡くなった方の遺骨を粉状に砕くことです。 葬儀が終わったら火葬をして、故人1人分の骨壺を家墓に納骨するというのがこれまで一般的でした。(火...
自然葬とは

大分県で海洋散骨の良さ/一般社団法人まるっと終活大分支援協会

遺骨を自然の巡りに還す 海洋散骨の良さとは? 死んでしまった後にどうなるのか…。想像したことはありますか。 自分の亡き骸はきっと、通夜と葬儀を執り行った後になんらかの形で法要されるだろう、と何となく想像できるかもしれません。 しかし、あなた...
お墓について

大分県で海洋散骨/自然葬の種類

自然葬について あなたがこの世からいなくなった時、この世から旅立った直後(約3時間後)から遺骨になるまでの短い間、近親者は弔いのために目まぐるしい日々を過ごすことになるでしょう。 おそらく遺族は、分からないことを専門の人に聞きながら、通例や...
終活

死後について考えてみた!/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

備えとして大切なのは”自分のこれから”を考えること 自分がこの世から居なくなることを想像した事がありますか。 唐突にこんな質問をして驚いた方もいるでしょうね。 「あなたが死ぬ時…なんて失礼な!」と思った人もいるかもしれません。 少し言葉が足...
お墓について

法要・お参り・お供えはどうする?/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

お墓参りのギモン 知人や遠く離れた親族の法要、初盆など、春から秋にかけてお参りに出向く機会がありますが、お参りに行く直前になって、「何を準備したらいいの?」「うちの宗派は○○だけど、同じでいいのかしら?」と不安になった経験、ありませんか?「...
終活

宗派によって違いはある?お参りのマナー/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支…

仏教は、時代の流れの中でいくつかの開祖が誕生し、それぞれの宗派に大別していきました。中でも、日本で檀家が最も多い宗派は浄土真宗と言われています。平安時代から偉人を含め数多くの住職や修行僧によって繋がれ、人の心の支えとなった仏教の教えは今も語...