大分 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 8

大分

お客様の声

海洋散骨の生前予約を選びました。自分と家族が納得する納骨 (40代男性 大分…

幼かった頃から社会人になってしばらく経つまで、参列するお葬式がどこか他人事のように感じていました。 ただ、自分も40代の親世代になり、近しい知人や身内が亡くなっていく折にふれ、「私の家族が同じ立場になったらどうなるんだろう」と、おぼろげなが...
お客様の声

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために直葬と海洋散骨を選びます(…

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほ...
お客様の声

私は家墓よりも大分県で海洋散骨を選びました(60代女性 熊本県在住)

20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分県から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分県と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。 でも、お姑さんはなかなかそれは厳しい人で、家事や子育てのいろんなことで...
お客様の声

海洋散骨なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。 祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこもみんな近所に住み、若い頃は一家総出で畑仕事に精を出したもので...
お客様の声

大分県で海洋散骨をお願いしようと思った理由(70代 アメリカ在住 女性)

日本を離れて、アメリカで過ごした時間のほうが圧倒的に長いはずなのですが、この歳になると「故郷」を懐かしんでしまうものなのですね。自分が未来永劫、”どこで眠るか”を考えるきっかけになったのは、主人の死と向き合った、闘病中のことでした。 私の家...
お墓について

永代供養をお願いする寺院の選び方/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

歳を重ね、生きている時間が長くなるほど「生き死に事は大変!」と感じませんか。 子や孫が生まれるのは、あらかじめ準備と心構えができますが、近しい人の不幸は突然やってきます。 また、親族として葬儀を取り仕切る場合、「初めてのことだらけで何からす...
自然葬とは

【自然葬のススメ】浄化の海・母なる海で海洋散骨を/まるっと終活大分支援協会/…

近年では、お墓のカタチやスタイル、納骨の方法、墓地の設備に民間のサービスまで、葬儀法要にまつわるもの全てにいろんな選択肢が増えてきています。 現代はまさに、納骨堂・永代供養の広まりが盛んなタイミングです。 人口が多い世代をターゲットにする ...
自然葬とは

大分県で海洋散骨のススメ/未来につながる自然葬

ほんの数十年前までは、自分と近しい誰かの葬儀や法要=悲しいものというイメージを抱く人が多かったように感じます。 現生の世界から、どのようにしてあちらの世界(死後)に行ったか…という事情によっても寂しさや悲しさの具合は違うでしょう。ただ近年、...
お墓について

大分県の自然葬/海洋散骨とは

自然葬とはお墓に入らず大自然に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。少し前までは、誰しもが土葬で自然へ還って...
お墓について

墓じまいで海洋散骨に注目が集まっているワケ/大分県の海洋散骨まるっと終活大分…

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。...