大分県/海洋散骨の報告 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 3

大分県/海洋散骨の報告

お客様の声

東京からお見送り海洋散骨へ家族4名/30代女性より

大分県別府市出身のお母さんをお見送りしました。お母さんは別府で生まれ育ったそうです。お母さんは、大分から上京して結婚、そして、依頼者の女性を東京で産み育て、最後は東京で亡くなりました。散骨の依頼者は娘さんです。お母さんが生まれ育った故郷へ還...
大分県/海洋散骨の報告

自宅供養中の遺骨を粉骨依頼/大分市40代夫婦より

20年以上前に亡くなった弟さんの遺骨を亡き母が自宅で供養されていたそうです。そして、先日にお母さまが亡くなり、2柱を粉骨する依頼を受けました。弟さんのご遺骨は、代行海洋散骨へ。お母さまのご遺骨は粉骨後に真空パックと化粧箱へ納めて納骨堂へ。 ...
大分県/海洋散骨の報告

建てたお墓は1度も使用せずに墓じまい/自宅供養中(代行海洋散骨・大分市女性8…

建てたお墓は1度も使用せずに墓じまい 大分市内にお住まいの女性(88才)からの依頼でした。ご主人が亡くなって2年。ずっと自宅で供養していたそうで、自分もあとどれくらい生きれるか分からないので海洋散骨を選択したそうです。 施主の女性、じつはご...
大分県/海洋散骨の報告

墓じまい遺骨整理して納骨堂へ/粉骨して1つの骨つぼへ

粉骨して遺骨整理 お墓の中の遺骨を他へ移動したり自然に還すことを「遺骨整理」といいます。今回の依頼は、墓じまいをして、お墓の中にある遺骨3柱を1つの骨つぼにまとめて欲しいという依頼でした。3柱を1つにまとめた骨壺は納骨堂へ移動するそうです。...
終活

墓じまい→粉骨→手元供養/キリスト教のお墓(大分県大分市70代女性)

墓じまい手元供養 高齢の女性からの依頼でした。平成の時代に、父が建立したキリスト教のお墓には依頼者の両親が眠っています。依頼者には子供がいないので、自分の代でお墓じまいをしたいという希望でした。お墓の中の遺骨は、キリスト教式の「魂抜き」をし...
大分県/海洋散骨の報告

お墓の引越しから海洋散骨まで/別府市明礬(70代女性姉妹)

高齢者姉妹の墓じまい 高齢者姉妹からの相談でした。両親が眠るお墓(両親が建立)を、後が続かないから「墓じまい海洋散骨」をしたいという依頼でした。山の中にあるお墓の墓じまい海洋散骨の依頼でした。 お墓の承継者が女性しかいない場合、お墓じまいを...
大分県/海洋散骨の報告

火葬翌日に母のお見送り海洋散骨/30代3兄弟からの依頼

火葬の翌日に母を見送る それぞれ大分県外で暮らす3兄弟。亡くなったお母さんを兄弟で見送る姿が印象的でした。 3人が集まる日は限られています。それぞれ県外で暮らし、仕事を持つと全員が休みを合わせることはなかなか出来ません。ご依頼があったのは、...
大分県/海洋散骨の報告

千葉県から墓じまい海洋散骨/50代女性

千葉県から墓じまい海洋散骨の依頼 大分市勢家町にある伝統的なお寺の境内にあるお墓の「墓じまい」を依頼されました。墓じまいからのお見積りを依頼されたのですが、墓石撤去はお寺の指定業者のみ行えるとのことで、閉眼供養後に指定業者が取り出したご遺骨...
大分県/海洋散骨の報告

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ(70代女性)

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ お互い再婚同士の夫婦だったそうです。ご主人は12年前に亡くなり、ずっと自宅で供養していました。「自分も年老いて、子供もいないし、身寄りがいないから。心残りが主人の遺骨でした。」と語る姿が印象的で...
お客様の声

娘と孫でお見送り海洋散骨/大分県

「おかげさまで貴重な時間を過ごすことができました。」(海洋散骨体験談/大分県40代女性) ご両親が終活用に、あらかじめ当協会の資料を取り寄せて置き、娘さんに「自分の死後は海洋散骨で」と、託していたそうです。資料請求から5か月後、ご本人の意思...