管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 5

管理者

お客様の声

お父さんの遺骨を代行で海洋散骨/大分市より

海洋散骨体験談大分市より 亡くなったお父さんのご遺骨を海洋散骨して欲しいと娘さんから依頼されました。お父さんが生前から海洋散骨を強く希望していたそうです。親の子孝行という言葉があります。親がのこされた娘さんへ墓を承継しないと決めて、生前から...
自然葬とは

海洋散骨+分骨=自然葬+手元供養の選択/大分市より

手元供養の新しい文化 大分市内のご年配女性からの依頼でした。老々夫婦で過ごしていたそうですが、先日ご主人を亡くされた後、四十九日後に「代行で海洋散骨」を承りました。ご自宅までお伺いしてご遺骨をお預かりし、当協会の商品「手元供養セット」を希望...
お客様の声

長女の決断/墓じまい海洋散骨

50代の女性からの依頼でした。 両親が眠るお墓を終い、代行で海洋散骨を承りました。 散骨前に、粉骨した遺骨を水溶性の紙袋に入れ、それぞれのお写真を依頼者に送りました。 代行海洋散骨の当日、散骨の様子をLINEでもお写真を送りました。 海洋散...
大分県/海洋散骨の報告

3柱を代行で海洋散骨をとり行いました/大分市

大分県で代行海洋散骨が行われました 今日は代行海洋散骨の日。 3柱の遺骨を自然に還しました。大分市内の墓じまいのご遺骨(1柱)と、自宅で供養されていた2柱。この日は、風もなく穏やかな波でした。 昔は皆んな自然葬でしたから、海洋散骨とは昔の弔...
お客様の声

漁師の父を見送る/佐伯市からの依頼

大分県佐伯市で漁師だったお父さんの海洋散骨。この日、全国からご家族が集まり、お父さんのお見送りをしました。海でお仕事をしていたお父さんは生前から「海洋散骨」を望んでいたそうです。都会で暮らす娘さんからの依頼でした。お母さんは自宅で1人暮らし...
未分類

東京から姉のお見送りに/大分で海洋散骨

大分県で1人で暮らしていた姉のために、東京から妹さんが駆け付け、大分でお見送り海洋散骨をとり行いました。高齢でお1人様だった姉が大分で亡くなり、親族は東京で暮らす実の妹さんのみとなり、お電話で依頼を受けました。 今回のような依頼は決して珍し...
お客様の声

豊後高田市からの依頼/お見送り海洋散骨

今日は、豊後高田市からお見送り海洋散骨のアテンドをしました。依頼者のお母さんが亡くなり、親族が県外からも集まりました。お孫さん(お嬢さん)も当日の朝に家族と合流して、合計6名のご家族と一緒に大分市で海洋散骨をとり行いました。依頼者は、「お墓...
自然葬とは

大分県で自然葬。海洋散骨と樹木葬を徹底比較

大分県で自然葬。海洋散骨と樹木葬を徹底比較 近年、葬儀や供養の形も多様化し、環境への配慮から、大分県でも自然葬への関心が高まっています。中でも海洋散骨と樹木葬は、環境に優しい選択肢として注目されています。今回の記事では、海洋散骨と樹木葬を徹...
墓じまい

大分県で墓じまいを考えるときの費用のポイント

大分で墓じまい。費用はいくら?誰に相談? 最近話題の「墓じまい」ですが、これは、近年聞かれるようになったワードです。そもそも、これまでは「墓じまい」を考える人も少なかったため、「身近に墓じまい経験者がいない」という方がほとんどでした。「墓じ...
墓じまい

故郷の大分県での、墓じまいや海洋散骨を考えている方に…

近ごろ、テレビや書籍、インターネットでも“墓じまい”というワードがよく取り上げられています。これは、戦後から高度経済成長期・バブル期を経て、高齢化社会・人生100年時代を迎えた私たちが抱える大きな課題だともいえます。 この記事では、故郷の大...