管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 27

管理者

お客様の声

海洋散骨のパンフレットがきっかけでした(60代女性 大分出身千葉県 ホームヘ…

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世...
お客様の声

海洋散骨で墓じまい(60代男性 大分県年金受給者 無職)

お恥ずかしい話ですが、私はこれまでの人生でお金の工面に苦労してきました。 決して散財した訳ではありません。 両親の闘病と妻の病気の治療費を払うのに精一杯だったのです。 祖父母のお墓は公営墓地にあったのですが、私が働き始めてすぐに父の闘病が始...
お客様の声

海洋散骨の生前予約を選びました。自分と家族が納得する納骨 (40代男性 大分…

幼かった頃から社会人になってしばらく経つまで、参列するお葬式がどこか他人事のように感じていました。 ただ、自分も40代の親世代になり、近しい知人や身内が亡くなっていく折にふれ、「私の家族が同じ立場になったらどうなるんだろう」と、おぼろげなが...
お客様の声

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために直葬と海洋散骨を選びます(…

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほ...
お客様の声

私は家墓よりも大分県で海洋散骨を選びました(60代女性 熊本県在住)

20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分県から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分県と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。 でも、お姑さんはなかなかそれは厳しい人で、家事や子育てのいろんなことで...
お客様の声

海洋散骨なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。 祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこもみんな近所に住み、若い頃は一家総出で畑仕事に精を出したもので...
お客様の声

お1人さまだからこそ海洋散骨を選びました (60代女性 大分県出身福岡県在…

私の実家は大分県にあります。実家近所の共同墓地に家墓もあり、そこに祖父母と両親が眠っています。 若い頃から仕事が楽しくてしょうがなかった私は、これまで一度も結婚することなく、世間で言うところの”セカンドライフ世代”になってしまいました。 転...
お客様の声

大分県で海洋散骨をお願いしようと思った理由(70代 アメリカ在住 女性)

日本を離れて、アメリカで過ごした時間のほうが圧倒的に長いはずなのですが、この歳になると「故郷」を懐かしんでしまうものなのですね。自分が未来永劫、”どこで眠るか”を考えるきっかけになったのは、主人の死と向き合った、闘病中のことでした。 私の家...
お客様の声

拝む場所と偲ぶ気持ち 大分県で海洋散骨のススメ/まるっと終活大分支援協会

春と秋の彼岸が近くなると、家族の中でどこからともなくお墓参りの話題が出てくるものです。 ここで、冷静になって一度考えてみましょう。 あなたがお墓参りに行くのはなぜですか? これまでずっとそうしてきたから?お墓参りに行かなければ家族に冷たい人...
お墓について

永代供養をお願いする寺院の選び方/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

歳を重ね、生きている時間が長くなるほど「生き死に事は大変!」と感じませんか。 子や孫が生まれるのは、あらかじめ準備と心構えができますが、近しい人の不幸は突然やってきます。 また、親族として葬儀を取り仕切る場合、「初めてのことだらけで何からす...