管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 26

管理者

お客様の声

「お墓に入らない」海洋散骨の生前予約 (70代女性 無職 大分県在住 夫と…

何十年も子育てをして、家事と育児の合間に家計を支えるためパートで働いてきました。 子どもは所帯を持って、他県で生活しています。 今、私は趣味の社交ダンスに情熱を注いで健康づくりに励む毎日を送っています。 そんな社交ダンスを通じて出会った、「...
お客様の声

墓じまいをして大分県で海洋散骨を選びました(50代男性会社員 兵庫県で家族4…

働き盛りと言えば聞こえは良いですが、私も40代の後半あたりからだんだんと体の不調が多くなってきました。 旧友に会っても、懐かしむ話はすぐにおしまい。メタボの心配と、健康トークの方が盛り上がるような年齢になってしまいましたね。 実は先日、大分...
お客様の声

私にとって理想の弔い形は自然葬=海洋散骨です (60代男性 大分県出身愛知…

私の両親は、生まれ故郷の大分県で仲良く暮らしています。 2人とも80歳を超えて、それでも毎日、近所の方々と小旅行にでかけたり、毎朝のラジオ体操を欠かさないような元気な生活を送っています。 時代の進歩はすごいですね。離れていても両親の様子がオ...
お客様の声

終活アドバイザーである私の理想は「海洋散骨」 (40代男性 大分県出身東京…

東京で暮らして早20年近くになろうとしています。 生まれは九州の大分県で、大学進学のために関東へ上京してからずっと、実家を離れて生活しています。 そして、昼間は企業戦士として働き、週末や夜には副業として、主に高齢者の方に向けて終活セミナーを...
お客様の声

いずれは大分市で海洋散骨してもらうようにお願いしました (70代女性 福岡…

私は大分県に生まれて、主人の仕事の関係で福岡に引っ越して以来、60年ほど福岡で生活をしています。 私には姉がいますが、結局一度も結婚をしないまま大分県で一人暮らしを続けてきました。 還暦を超えたころから、姉の様子を伺いに、月に1度は大分市へ...
お客様の声

家族と一緒のお墓に入ることを拒否/海洋散骨を選びました (40代 飲食業 …

人生、いろんなことを考えて、 人生を生きて最期はみんな同じように死んでいくんだと思っていました。 私一人が何か特別な人間だとは思っていません。 だって、私と同じ悩みを抱えている人はきっと世の中にたくさんいるでしょうから。 私は、男か女かとく...
お客様の声

故郷から離れて両親のこれからを想う/海洋散骨(大分県出身・東京在住50歳 会…

私は、高校を卒業してから、大分県を離れてずっと県外で働いています。 現在は東京で妻、子供らと暮していて、この先もずっと東京で暮らしていくつもりでいます。 「実家がある大分県に戻ってこないのか?」と知人に聞かれることも、これまで度々ありました...
お客様の声

一人暮らしの拠り所に海洋散骨を選びました(80歳女性 大分県在住無職 独居 …

「自分は元気だ、まだまだこれから」と思っていたのは数年前のこと。この年代になって初めて「おひとりさま」になると、生活や時間の過ごし方が全く変わってしまいました。 楽しいことよりも、不安の方が大きくなっていって、気持ちはどんどん落ち込むばかり...
お客様の声

孫の言葉にハッとして海洋散骨を選びます(70代女性 無職 大分県 夫婦2人暮…

5年前、私の子どもが結婚して孫が生まれ、おばあちゃんになりました。 子育てをしていた時と違って、孫というのは本当に、無条件にかわいいものですね。 子ども世帯は関東で生活しているので、実家に戻ってくるのはせいぜい年1回。盆正月の長期休暇のタイ...
お客様の声

海洋散骨のパンフレットがきっかけでした(60代女性 大分出身千葉県 ホームヘ…

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世...