管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 28

管理者

お墓について

戒名って必要なの?という素朴な疑問について/大分県で海洋散骨のまるっと終活大…

親族の葬儀があった折、 「○○寺にお願いすれば大丈夫だから。ずっとそこでお願いしているから」 という話を先代から聞いたけれど、そのお寺に一度も行ったことがない…というのは良くある話。 仏壇が家にあり、祖父母がその前で何度もお経を読む姿は、一...
自然葬とは

【自然葬のススメ】浄化の海・母なる海で海洋散骨を/まるっと終活大分支援協会/…

近年では、お墓のカタチやスタイル、納骨の方法、墓地の設備に民間のサービスまで、葬儀法要にまつわるもの全てにいろんな選択肢が増えてきています。 現代はまさに、納骨堂・永代供養の広まりが盛んなタイミングです。 人口が多い世代をターゲットにする ...
自然葬とは

大分県で海洋散骨のススメ/未来につながる自然葬

ほんの数十年前までは、自分と近しい誰かの葬儀や法要=悲しいものというイメージを抱く人が多かったように感じます。 現生の世界から、どのようにしてあちらの世界(死後)に行ったか…という事情によっても寂しさや悲しさの具合は違うでしょう。ただ近年、...
お墓について

供養の意識変化とは。大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

あなたは、将来自分が入ることになるかもしれないお墓がありますか? 先祖の遺骨が何代も納められている家墓がありますか? そのお墓に自分が将来入ることに、わずかでも疑問や不安を感じたことがありますか? 火葬文化の背景と供養の方法 日本でお墓に遺...
自然葬とは

自然葬の考え方 あの世でも夫婦一緒に過ごす?/大分県の海洋散骨ならまるっと終…

火葬して遺骨になった後は当然のようにあのお墓に入るのだろうな。お墓がなければ、自分(の遺骨)が入る場所がないから準備をしておかなきゃ。 働き世代を終えてセカンドライフを過ごす人の中には、自分が生きている間にお墓の準備をすすめる人が増えていま...
お墓について

大分県の自然葬/海洋散骨とは

自然葬とはお墓に入らず大自然に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。少し前までは、誰しもが土葬で自然へ還って...
お墓について

墓じまいで海洋散骨に注目が集まっているワケ/大分県の海洋散骨まるっと終活大分…

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。...
自然葬とは

自分の遺骨はどうなるか?/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

最近、遺骨を巡るトラブルが多いというニュースをよく聞きます。 「都合がわるい」「ジャマになってしまったから」という理由で放置、棄ててしまうといった事例もあるそうです。 大切な人を亡くした方にとっては考えられない!と思うでしょうが、世の中、人...
自然葬とは

日本の弔い方と自然葬について/大分県で海洋散骨

現在の日本では、亡くなったら遺体をほぼ100%火葬しています。ただ、一般的に火葬が行われるようになったのは昭和時代のことです。 歴史的な背景やその時々で変わる事情によって、葬儀、弔いの方法も変化します。 弔いの方法に最も関わるのが信仰宗教や...
自然葬とは

遺骨の粉骨代行を利用するメリット/大分県

ご遺骨の粉骨代行を行う事業者があるのをご存知ですか? 手元供養したい方にとっては便利なサービスです。 粉骨のメリットを紹介します。 骨壷サイズを小さくできる 亡くなった方の葬儀を終え、火葬を行った直後に収骨をしますが、骨壺の大きさが関東と関...