管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 20

管理者

大分県/海洋散骨の報告

大分市からの依頼/代行海洋散骨

「散骨証明書は要りません」ご主人が亡くなり49日後に依頼されました。 大分市内に住む70代の女性から「代行海洋散骨」の依頼で、ご自宅までご遺骨をお預かりに伺いました。老々夫婦で49日間はご自宅で一緒に過ごしたそうです。ちなみに、自然葬(海洋...
自然葬とは

大分市で海洋散骨/関東からの依頼

大分で生まれ育ったお父さんが今年の初めに亡くなったそうです。関東に住む娘さんからのご依頼でした。お父さんは大分からの上京組。関東で仕事をして、恋をして、家庭を持ち、家を建て、子供たちを育て、関東で亡くなりました。 生前のお父さんは、生まれ育...
墓じまい

墓じまい海洋散骨とは?

「墓じまい」とは、お墓を閉じる行為を指します。墓石の撤去や墓地の解約(返却)、遺骨の移動などが含まれます。墓じまいの理由は様々で、後継者がいない、墓地の維持費が負担になる、家族が遠方で暮らしているなどがあります。 「海洋散骨」は、遺骨を海に...
墓じまい

大分県大分市で墓じまい海洋散骨

日本は急速な人口の高齢化が進行しており、全国的に死亡数が増えているという傾向です。大分県では、年間15,885人(令和3年)が死亡しています。そのうち、県庁所在地である大分市は、全体の1/3を占める、年間5,032人(令和3年)が亡くなって...
墓じまい

大分県別府市で墓じまい海洋散骨

墓じまいとは、既存の墓地を解体または移転し、遺骨を他の場所に移すことを指します。墓じまいの背後にはさまざまな理由がありますが、多くの場合、墓地の維持や管理が困難になったり、家族構成や生活スタイルの変化に対応するための選択です。 一方、海洋散...
墓じまい

大分県杵築市で墓じまい海洋散骨

大分県杵築市は人口2万6千人。杵築市は豊かな自然環境に恵まれおり、山地と海岸線に囲まれ、美しい景色を楽しむことができます。2015年は3万人超えの人口も、2017年に2万9千人、2020年には2万7千人、2023年には2万6千人となり、杵築...
自然葬とは

海洋散骨が選ばれる社会的な背景とは?

現代社会では、伝統的なお墓を持つことについて再考する人々が増えてきています。この背景にはさまざまな社会的な問題が存在しています。 経済的負担: お墓や納骨堂は、購入および維持のための費用がかかります。土地価格の高騰、さらには墓石の価格、年間...
墓じまい

大分県佐伯市で墓じまい海洋散骨

大分県の南東部に位置し、人口6万3千人の「佐伯市」は海に面している市町村です。 日本全体が直面している問題として、人口の高齢化と減少は共通の課題です。 日本の人口はピークを迎えて以降、減少傾向にあります。これは主に出生率の低下と高齢化による...
墓じまい

大分県臼杵市で墓じまい海洋散骨

世の中の流れというのは不思議なもので、昨年まで一般的ではないとされてきたことが、今年になると一般的になるというのはよく聞く話で、「墓じまい+海洋散骨」の依頼も今年の2月を境に急に依頼が増えて来ました。 大分で墓じまい海洋散骨 海洋散骨の文化...
お墓について

注目されている海洋散骨

2023年5月6日の毎日新聞に「海洋散骨」についての記事が掲載されていました。女手一つで姉妹を育ててきたお母さんが、海洋散骨を希望しているけど、娘たちは「拝む場所がなくなるため寂しい」気持ちはあるが、お母さんが望む何かを本気で考えるキッカケ...