管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 21

管理者

自然葬とは

直葬+自然葬とは?大分県でも注目されてきた海洋散骨への流れ

時代の変化と共に老々夫婦やお1人様終活が徐々に注目を集め始めています。特に子どもが県外に住んでいる場合、家族葬よりももっと簡単な葬儀である「直葬」を選ぶ人が増えつつあります。 従来、葬儀には大きなお金と時間がかかり、遺族に精神的な負担をかけ...
お客様の声

貴重な1日になりました

本日は大変お世話になりました。写真、ビデオの方もありがとうございます。貴重な1日になりました。(お見送り海洋散骨/福岡県男性)
大分県/海洋散骨の報告

大分県別府湾/福岡からお見送り散骨へ8月7日

自宅供養していた大分出身のお父様を息子さんがお一人でお見送り散骨されました。関東でお亡くなりになりご自宅で供養しながらずっと自然葬を探していて、地元大分の海洋散骨業者を探していたそうです。当日は運よく雨天気予報から晴天へ!サラサラに粉骨され...
大分県/海洋散骨の報告

大分県別府湾/関東からお見送り散骨へ8月4日

大分県出身のお父さんのご遺骨をご家族で船を貸切ってお見送り海洋散骨をしました。手元供養していたご遺骨を自然へ還すために、関東から大分までご家族でいらっしゃいました。「おじいちゃん、また逢おうね~」と言いながら散骨されていたお孫さんが印象的で...
自然葬とは

大分県の海洋散骨とは? | 特徴やメリット・デメリット、違法性まで徹底解説

大分県でも「自分の代で墓をたたんで、遺骨を自然に還したい」と考えている方が増えてきています。墓の管理が大変なこともあって、子どもたちに迷惑をかけたくないという思いから墓じまいを選択しているのです。 そんな中で近年注目を集めているのが、海洋散...
メディア掲載実績

【OAB大分朝日放送】で取材されました/じもっと!OITA 

大分市で海洋散骨の事業を展開する一般社団法人まるっと終活大分支援協会が大分の地元メディアOAB大分朝日放送の「じもっと!OITA」に取材されました。
お墓について

大分県も多死社会へ突入/海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

2022年6月、大分県の地元新聞(合同新聞)によると、大分県内の2021年出生数が減少し、一方死亡者数が出生数の2倍を超えたと発表。大分県の人口減少に歯止めが掛かっていないという。 多死社会とは? 最近、多死社会という言葉をよく耳にするよう...
自然葬とは

大分県の墓じまい+自然葬パック

お墓の歴史を知っていますか? 昔は自然葬だった? 現代のお墓の概念は、昭和の高度成長期が始まりです。当時、全国各地で火葬場が作られ、火葬した遺骨を骨壺に入れ、「カロート」と呼ばれる石のお墓の中にあるスペースに収めるようになりました。この埋葬...
お墓について

大分県の海洋散骨の生前予約とは?

海洋散骨生前契約 生前予約は、あなたが生きている内に自分の供養をあらかじめ予約しておくシステムです。 ☑残された人に負担をかけたくない☑一人なので準備をしておきたい☑施設に入所している利用者に伝えたい☑海に散骨されたい意志を身内にはっきりと...
お客様の声

大分県で海洋散骨/生前予約/東京都在住女性

4人家族です。夫の家墓には入らずに海洋散骨を希望しています。息子たちにはそう伝えて、意志が固いことを理解してもらっています。大分県には縁はありませんが、海は世界中でつながっているので、こどもたちも寂しくないと思います。(生前予約/東京都女性...