管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 19

管理者

自然葬とは

一般社団法人まるっと終活大分支援協会の海洋散骨後の特別な永代供養サービス

大切な人を亡くした時、私たちは常に故人を偲び、その魂に対する尊敬と愛を表現する方法を探します。一般社団法人まるっと終活大分支援協会は、その想いをサポートし、特別な形で故人を偲ぶサービス提供をスタートしました。 まるっと終活大分では、海洋散骨...
自然葬とは

大分で海洋散骨 あなたらしく生きるために分骨という選択肢

自然との一体感や生命の循環への敬意から人気の海洋散骨ですが、海洋散骨を選ぶことで抱くかもしれない不安や悩みがあるかも知れません。 海洋散骨を選ぶと、訪れたり手を合わせたりする明確な場所(墓地)がないと感じるかも知れません。これは家族や友人が...
大分県/海洋散骨の報告

別府市からの代行海洋散骨の依頼

お墓じまいから海洋散骨までの依頼でした。 自宅から遠いお墓は山の中。年を重ねるごとに足が遠のいていたそうです。元気なうちは良かったのですが、年を取るとなかなかお墓詣りにいくことができなくなったとおっしゃっていました。お墓の中にあるご遺骨は依...
死後事務委任契約

大分県でも身寄りない高齢者が増加/死後事務委任契約は使えるのか?

大分の終活とは死後事務委任契約と海洋散骨 身寄りのない高齢者が増えています。また、親族が居たとしても、その親族が大分から遠く離れた場所で暮らしていているという高齢者もいます。配偶者や親しい親族がいない一人暮らしをしている方以外にも、子供や親...
墓じまい

大分県で墓じまい海洋散骨が選ばれる理由

地方の墓じまいについて 高齢化社会と遺族の減少:日本は急速な高齢化社会で、少子化も進んでいます。大分県も11年連続(2023年6月10日現在)赤ちゃん最小を更新しました。一方、大分県の死亡者数は増加しています(2022年は1万6265人)。...
終活

終活の一環として考える死後事務委任契約と海洋散骨/大分県大分市

大分県で増加している高齢者が抱える問題とは 近年、高齢化社会の進行とともに、自分の人生の終わり方を自分自身で考え、準備する「終活」が注目を浴びています。終活は自身の死を前提とした活動であるため、少々重いテーマではありますが、これを通じて自分...
大分県/海洋散骨の報告

大分出身のお父さんを代行海洋散骨

関東からの依頼でした。大分で生まれ大分で育った故人。若い頃に上京して身を立てたそうです。東京で結婚して、子供を育て家庭を築きました。代行海洋散骨を依頼されたのは娘さんでした。 お父さんが亡くなってすぐに相談を受けました。お父さんはずっと大分...
お客様の声

スッキリしました/大分市内からお見送り海洋散骨

大分市内にお住まいの女性姉妹からの依頼でした。先祖のお墓じまいをして、お墓の中のご遺骨2柱をお見送り海洋散骨をしました。船に乗っている時、「お墓の中にいるより、こっち(海洋散骨)の方がいい!私も海に流して欲しい」と、姉妹2人の会話がとても印...
グリーフケア

大分市でグリーフケアカウンセリング

私たちは、人生の中で「何かを失う経験」を必ずします。誰しも、その悲しみからは逃れることはできません。愛する人の死、離婚、仕事の失敗、健康状態の変化、失恋、失業など。これらの悲しみの感情をどのように処理し、癒やしていくことを「グリーフケア」と...
お客様の声

凄く安心しました/別府市から墓じまい海洋散骨の依頼(60代女性)

知人が当協会で海洋散骨したと聞き資料請求を頂き、すぐにお申し込みがあり代行で海洋散骨を執り行いました。お墓の中に眠るご主人のご遺骨を取り出しお墓じまいをして、海洋散骨へ。亡くなってかなりの年月が経過しているのでしょうが、ご主人が好きだったお...