管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 18

管理者

未分類

大分県で活躍するケアマネージャーの方へ

「死後事務委任契約」について解説 ケアマネージャーが直面する問題。大分県 大分県でも高齢者人口は増加し続けています、高齢者介護に携わるケアマネージャーの方たちも、忙しい日々を送っていることでしょう。ケアマネージャーとして働く皆さまは、高齢者...
自然葬とは

大分県で自然葬が選ばれる理由

自然葬とは、火葬した後の遺骨を粉末状にして土に埋めたり、海洋に散骨したりして自然に還す埋葬の方法です。一見、いま話題の樹木葬も自然葬の1つと思われがちですが、多くの樹木葬は「骨壺」に入れた遺骨をシンボルツリーと呼ばれる木の回りに空間を作り骨...
死後事務委任契約

死後事務委任契約/身寄りない高齢者が注目する理由

大分県でも,身寄りのない高齢者が増えており、病院への入院や施設への入所の際に身元保証人がいないケースが増えています。配偶者や親しい親族がいない一人暮らしをしている方以外にも、子供や親戚がいても関係性が悪く疎遠になっている方もいます。また、そ...
死後事務委任契約

高齢者施設にもメリットがある死後事務委任契約/大分県でも注目されている理由

子供がいない人、親戚と交流のない人が選ぶ死後事務委任契約とは 身寄りない高齢者や、家族が遠方に住んでいたり、信頼できる親族がいない方にとって、「死後事務委任契約」は高齢者施設にとってどんなメリットがあるのでしょうか? 「死後事務委任契約」を...
グリーフケア

大分で始まった悲しみのカウンセリングとは?グリーフケア大分

「グリーフケアとアルフォンス・デーケンの『悲嘆12のプロセス』」 心理学者アルフォンス・デーケンの提唱する「悲嘆12のプロセス」について。この理論がどのようにしてグリーフケア(喪失に対するケア)に役立つかについて探求していきます。 悲嘆(ひ...
お墓について

大分県の墓じまい/ご先祖様に申し訳ない気がする理由

先祖墓を墓じまいして、お墓の中の遺骨を整理することを「遺骨整理」と言います。遺骨整理の選択肢の1つとして「海洋散骨」が選ばれています。 しかし、海洋散骨を希望しても、家族の誰かが、もしくは親戚から反対されるという声もよく聞きます。お墓じまい...
自然葬とは

大分県で先祖を海洋散骨で供養する選択

昭和の時代、日本は高度経済成長期を経て人口が増え続けてきました。新しい道路を作り、新しい団地を作り、これまでお墓だった場所も全国の自治体が「市営墓地」「県営墓地」を作り、そこへ引越しをせざるを得ない時代でした。人口が増え、お墓の需要が増え、...
死後事務委任契約

子供がいない人、親族が遠方で交流がない人が死後事務委任契約を選ぶ理由/大分県

死後事務委任契約は使えるのか? 死後事務委任契約は、自分が亡くなった後の事務を誰に任せるかを決定する契約です。これにより、葬儀の手配、墓地の問題など、故人に代わって手続きを進めることができます。特に高齢者の一人暮らしや子供が遠隔地に住んでい...
自然葬とは

新しい形の供養:一般社団法人まるっと終活大分支援協会のまるっと代行海洋オンラ…

現代社会はデジタル化が進み、私たちの生活のあらゆることを便利にしてくれています。この流れは、私たちの心に深く根を下ろす終活や供養の風景にも革新をもたらしています。一般社団法人まるっと終活大分支援協会は、新たな時代のニーズに応える形で、"まる...
グリーフケア

悲しみのカウンセリング/大分県大分市のグリーフケア

「悲しみのカウンセリング:グリーフケア」 私たちの人生は、愛と喪失の織りなす物語です。私たちはみな何らかの形で喪失を経験します。それは親しい人の死、健康の変化、離婚、失業、失恋など。誰しも「悲しみの体験」をし、その経験から、喪失の痛みと向き...