ライフスタイルの多様化によって - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

ライフスタイルの多様化によって

大分県で「死後事務委任契約」を結ぶ方が増加

もう1人じゃない死後事務委任契約という選択大分県
もう1人じゃない死後事務委任契約という選択大分県

人生100年時代といわれる今、高齢者のライフスタイルは多様化しています。「おひとりさま」「老々家庭」「子が遠方で暮らしている」「親戚付き合いがなく、頼れる人がいない」など、それぞれの状況によって、終活の方向も変わってきます。ただ、どなたにも共通しているのは「いずれは死を迎える」ということ。その際必ず、葬儀や供養、お墓の問題が浮上します。死後の事務手続きは、私たちが想像する以上に複雑なものです。そこでおすすめしたいのが、元気なうちに、「死後事務委任契約」を結んでおくことです。

今回は、大分県で暮らすシニアの方に向けて、ライフスタイル別の終活のポイントと、「死後事務委任契約」のメリットについてお伝えします。ぜひ最後までお付き合いください。

【目次】

ライフスタイル別終活アドバイス

【おひとりさま】

【老々家庭】

【子が遠方にいる】

【親戚付き合いがない】

死後事務委任契約とは

死後事務委任契約でできること

死後事務委任契約3つのメリット

メリット1 煩雑な手続きを、まるっと委任できる

メリット2 あなたの意思を実現できる

メリット3 万が一のトラブルを回避できる

まとめ

ライフスタイル別終活アドバイス

【おひとりさま】

遺言書の作成を検討

遺言書を作成することで、遺産相続に関するトラブルを未然に防ぐことができます。専門家のアドバイスを参考に、遺言書を作成することをおすすめします。

【老々家庭】

お互いの未来に備える

家族全員が高齢者という場合、誰が先に旅立つのかはわかりません。残された人が安心して暮らせるよう、将来の介護施設や医療サービスの選定、必要な保険の見直しを行っておきましょう。また後見人の指定についても検討しておくことが大切です。

【子が遠方にいる】

希望はきちんと伝えておく

近年では、メッセージアプリやビデオ通話を通じて、遠方であっても気軽に連絡を取り合うことができます。「もしものとき」の葬儀やお墓についての希望は、日頃から伝えておくことが大切です。

【親戚付き合いがない】

思いを語れる場所に参加

終活を進める上で「死生観」について、誰かと語り合うことも重要です。デスカフェ大分では、死をカジュアルに語る読書会&瞑想会も開催しています。こういった場に参加して、人生を俯瞰するのも良いでしょう。https://oita.hp.peraichi.com/oitatrip

死後事務委任契約とは

そして、どのようなライフスタイルの方であっても、亡くなった後にはさまざまな手続が必要になります。

死後事務委任契約は、死後に発生する事務手続きや遺品の片づけ、支払いや解約などをあらかじめ第三者に委任しておく契約です。死後事務委任契約を結ぶことで、亡くなった後のさまざまな手続きを円滑に進めることができます。

死後事務委任契約でできること

人が亡くなった後には、煩雑な手続きが同時進行していきます。以下に、その例をご紹介します。

・家族や知人などへの死亡の通知

・遺体の引き取り

・葬儀社への連絡

・死亡届の提出

・火葬、納骨の手続き

・病院の手続き

・医療費の清算

・部屋の明け渡し

・遺品整理(片づけ)

・施設利用料の清算

・公共料金の支払い

・携帯電話など、各種契約の解約

・ペットの里親探し

これらのことをこなしていくのは、とても大きな労力がともないます。死後事務委任契約では、上記の項目をまるっとお任せいただくことができます。

死後事務委任契約3つのメリット

メリット1 煩雑な手続きを、まるっと委任できる

「遠方の家族に負担をかけたくない」「一人暮らし」「手続きを頼める人はいない」という方も、死後の手続きを委任しておくことで、安心して人生を楽しむことができます。

メリット2 あなたの意思を実現できる

亡くなった後に、あなたの葬儀や供養について、希望を言うことはできません。死後事務委任契約を結んでおけば、元気なうちに意思を明確に示すことができます。

メリット3 万が一のトラブルを回避できる

人が亡くなった後に、関係者の間でトラブルが発生するというのは、実はよくある話です。死後事務委任契約によって、あらかじめ意思を明確にしておくことで、将来のトラブルを回避することにもつながります。

まとめ

大分県の死後事務委任契約
大分県の死後事務委任契約

今回は、ライフスタイル別の終活のポイントと、死後事務委任契約のメリットについてお伝えしました。

死後事務委任契約は、あなたの意思を尊重し、残された人たちの負担を軽減する手段です。亡くなった後の手続きを円滑に進めるためにも、ぜひご検討ください。

高齢化が進む大分県でも、死後事務委任契約を結ぶ方が増えています。これからの人生を安心して楽しめるよう、元気なうちに将来のことを考えておきましょう。

死後事務委任契約についての無料相談を行っています。お気軽にお問合せください。

死後事務委任契約 大分で身寄りない高齢者や親族と離れて暮らすシニアに後悔しない生き方を応援
大分市で身寄りない方、親族と離れて暮らす高齢者へ、後悔しない生き方を応援する死後事務委任契約を知っていますか?「終わり良ければすべてよし」と言われます。人が必ず迎える最後の瞬間。あなが最後の準備ができないまま亡くなり、預金が凍結され、十分な...
タイトルとURLをコピーしました