遺骨整理 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

遺骨整理

大分県/海洋散骨の報告

墓じまいして両親の遺骨を整理する/別府市からの依頼(70代夫婦の終活)

「子どもは東京にいます。もう大分では暮らさないそうなので、墓じまいをして欲しいと言われました。お墓は解体撤去したのですが、両親の2柱を自宅に持ち帰ってどうしたらいいのかわかりません。」という相談からスタートしました。 そんなに昔ではない昭和...
大分県/海洋散骨の報告

福岡の納骨堂じまいから遺骨整理で海洋散骨/埼玉県在住の女性より

大分県にゆかりのあるお父様のご遺骨を故郷へ還すお手伝いをしました。 納骨堂で供養されていたお父様ですが、依頼者の後が続かいないということで納骨堂じまいをすることにしたそうです。納骨堂のご遺骨を整理することを「遺骨整理」といいます。遺骨整理で...
お客様の声

大分市より母娘/ご主人のお見送り海洋散骨

依頼者のご主人は生前より海洋散骨を希望していたそうです。ご主人は生前にお墓は建てていたそうですが、残された娘さんたちの負担にならないように建てたお墓を更地に戻し、お墓を持たない「自然葬」を希望していたそうです。 残された家族もお墓を持たない...
大分県/海洋散骨の報告

親戚のお墓に納めらた父の遺骨を遺骨整理/墓じまい海洋散骨(豊後大野市50代男…

数年前に亡くなったお父さんのご遺骨は、父方の親戚が建てたお墓に入れてもらっていたそうです。しかし、そのお墓も後が続かなくなり、親戚は墓じまいを決意。そこで、息子さんがお父さんの遺骨を海洋散骨で遺骨整理するお手伝いをしました。 豊後大野市の墓...
大分県/海洋散骨の報告

小倉から無我夢中で運転して来ました/納骨堂じまいの女性60代

大分市内に住む女性からの依頼でした。福岡県小倉市にある納骨堂を終わりにして、納骨堂内の父・母・姉、合計3柱の遺骨整理を海洋散骨で頼まれました。依頼主は現在は大分市在住。小倉市出身で、両親と姉が納骨堂に納められていたそうです。大分市から小倉市...
大分県/海洋散骨の報告

大分市で墓じまい海洋散骨の依頼/遺骨整理

様々な事情で「墓じまい」をする方からの相談が増えて来ました。 昔は土葬に木の墓標で全てが自然に返っていたので、墓じまいをする必要が無かったのですが、昭和の時代から骨つぼに遺骨を納め石墓の中に保管するようになってから、家族の遺骨を誰かが整理し...
大分県/海洋散骨の報告

大分の墓じまいを京都から/遺骨整理で海洋散骨

京都に住む女性からの依頼でした。大分のお寺にあるお墓じまいをして、中の遺骨を「お見送り海洋散骨」をしたいという相談からスタートしました。 施主は海洋散骨の日に家族で大分へ来るので、それまでの一切をまるっとお任せして頂きました。お寺に行ってお...
大分県/海洋散骨の報告

ご主人のご遺骨を四十九日後に代行海洋散骨/40代女性(大分市)

代行海洋散骨の体験談 大分市に住む女性からの依頼です。亡くなった御主人のご遺骨を代行海洋散骨で承りました。春は風が強い日が続きます。なかなか出航ができる日がありませんでしたが、凪の日を選んで出航しました。
大分県/海洋散骨の報告

未練が残るから早めに散骨したい/大分市緑が丘(80代女性より)

数年前に最愛のご主人を亡くされた80代の女性からの依頼でした。家墓はなく、ご主人のご遺骨は自宅で供養して来たそうです。このままずっと一緒に居たい気持ちが強い一方、いつかお別れをしないといけない!という気持ちもあったそうです。何故なら、自分も...
お墓について

墓じまい後の遺骨の行方/遺骨整理

墓じまいを考え始めた際、多くの人が直面するのが「遺骨の行方」という問題です。これを「遺骨整理」と呼ばれたりします。長年にわたり家族のお墓に納められた先祖の遺骨をどのように扱うか、という点について悩まれる方が多いです。この重要なプロセスを初心...