墓じまい - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 6

墓じまい

自然葬とは

大分県で海洋散骨のススメ/未来につながる自然葬

ほんの数十年前までは、自分と近しい誰かの葬儀や法要=悲しいものというイメージを抱く人が多かったように感じます。 現生の世界から、どのようにしてあちらの世界(死後)に行ったか…という事情によっても寂しさや悲しさの具合は違うでしょう。ただ近年、...
お墓について

供養の意識変化とは。大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

あなたは、将来自分が入ることになるかもしれないお墓がありますか? 先祖の遺骨が何代も納められている家墓がありますか? そのお墓に自分が将来入ることに、わずかでも疑問や不安を感じたことがありますか? 火葬文化の背景と供養の方法 日本でお墓に遺...
自然葬とは

自然葬の考え方 あの世でも夫婦一緒に過ごす?/大分県の海洋散骨ならまるっと終…

火葬して遺骨になった後は当然のようにあのお墓に入るのだろうな。お墓がなければ、自分(の遺骨)が入る場所がないから準備をしておかなきゃ。 働き世代を終えてセカンドライフを過ごす人の中には、自分が生きている間にお墓の準備をすすめる人が増えていま...
お墓について

大分県の自然葬/海洋散骨とは

自然葬とはお墓に入らず大自然に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。少し前までは、誰しもが土葬で自然へ還って...
お墓について

墓じまいで海洋散骨に注目が集まっているワケ/大分県の海洋散骨まるっと終活大分…

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。...
自然葬とは

自分の遺骨はどうなるか?/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

最近、遺骨を巡るトラブルが多いというニュースをよく聞きます。 「都合がわるい」「ジャマになってしまったから」という理由で放置、棄ててしまうといった事例もあるそうです。 大切な人を亡くした方にとっては考えられない!と思うでしょうが、世の中、人...
自然葬とは

どうして骨を粉状に砕くの?/大分県の海洋散骨まるっと終活大分支援協会

自然葬や合同葬に必要な”粉骨”の流れと費用について 遺骨を粉骨するとは? ”粉骨”とはその字のとおり、亡くなった方の遺骨を粉状に砕くことです。 葬儀が終わったら火葬をして、故人1人分の骨壺を家墓に納骨するというのがこれまで一般的でした。(火...
お墓について

お墓のお引越し 改葬ニーズの高まりと墓じまいと海洋散骨/大分県

サラリーマンを引退してもまだまだ元気。健康寿命の伸びを感じる団塊の世代にとっては、自分がお墓に入ることをなかなかイメージ出来ない人が多いかも知れません。 団塊の世代が幼少期だったころ、「火葬してお墓に納骨」が大衆化した時代です。 幼少期の経...
お客様の声

【生前予約】旅立つ時は1人。だから私は海洋散骨を選びます (大分県在住 60…

生まれも育ちも大分県で、結婚した主人も同じ大分県の人。 大分県から一歩も県外に出ないまま、この歳になりました。 子どもが独立して県外で生活するようになってから、自然と、私たち夫婦の先の生活を考える時間が増えていきました。 夫婦で話すとどうし...
お客様の声

【墓じまい】震災がきっかけで大分県で海洋散骨をお願いすることにしました (福…

ここ10年くらいの間に、日本全国で自然災害が起こりましたよね。 特に九州では、豪雨や地震といった、人の力では止めようもない災害が本当に多くありました。 正直、一度自然災害が起こると、どうしようもない疲労感と虚無感に堕ちます。「人間って無力だ...