大分県/海洋散骨の報告 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 7

大分県/海洋散骨の報告

大分県/海洋散骨の報告

奥様を海洋散骨で自然に還しました

ご主人1人でお見送り海洋散骨のお手伝いをしました。愛する女性を自然にかえすお手伝いです。悲しみには12段階あるそうです。(悲嘆のプロセス:アルフォンス・デーケン)悲しみからの立ち直りを、12のプロセスに分けています。  1.精神的打撃と麻痺...
大分県/海洋散骨の報告

自宅供養中の両親のご遺骨を自然に還しました

大分市内からのご依頼。長く自宅供養していたご両親のご遺骨をお見送り海洋散骨。当協会の事務所へ両親のご遺骨をお持ち込みして、後日、海洋散骨を執り行いました。この日は凪(なぎ、風がやんで、波がなくなり、海面が静まること)のタイミングで幻想的なお...
大分県/海洋散骨の報告

お父さんの育てたお花と一緒に海洋散骨

関西の依頼で、ご家族と一緒にお見送り海洋散骨を執り行いました。お父さんは大分で暮らしていて、若い頃は世界中で海のお仕事をしていたそうです。いろんな国の港へ行って、その国の土産話が楽しかったそうです。海洋散骨で世界中の海を旅して、お盆には戻っ...
大分県/海洋散骨の報告

関西地方からお見送り海洋散骨

亡くなった御主人が大分出身で、若い頃は大分の海でよく遊んでいたと話していたそうです。奥様と息子さん一家でお見送り海洋散骨のお手伝いをしました。この日は別府湾もうねりがあり船は揺れましたが、天気は快晴でした。お父さんは故郷の海に還れて喜んでい...
大分県/海洋散骨の報告

両家墓を墓じまい海洋散骨

両家墓とは、ご両家のお墓を一つにまとめたお墓のこと。 親子代々の墓ではなく、自分の家と配偶者の家のお墓など、二世帯の家を一緒に埋葬するお墓を両家墓と言います。1つの区画に、○○家と○○家のお墓が並びます。両家墓を継承した方の「お墓じまい」か...
大分県/海洋散骨の報告

ご主人をお見送り海洋散骨

3月は春のお彼岸もあり、「ご先祖に感謝」するとともに、「自分自身を見つめ直す」ために煩悩や迷いのある世界から悟りの開けた世界へ至ること、「至るために行う修行」という意味もあるそうです。自宅供養中のご遺骨や墓じまいでご遺骨を自然に還す決断をす...
大分県/海洋散骨の報告

中部地域からご家族でお見送り海洋散骨

大分県の東南部に位置する「臼杵市」出身のお父さんを、故郷の海へ海洋散骨したいご家族をご案内しました。 ご家族は大分には旅行を兼ねていらっしゃいました。1ヶ月ほど前に問合せがあり、ご家族のお休みの日を調整しつつ散骨日を決定。あらかじめ「ゆうパ...
大分県/海洋散骨の報告

お母さん、また会おうね

大分市内に住む男性からの「代行海洋散骨」の依頼でした。 自宅供養中のお母さんのご遺骨をお預かりしました。 ご依頼者自身も将来「海洋散骨」を希望していて、 「いつになるか分からないけど、あとで必ずそばに行くから」 とおっしゃっていました。 人...
大分県/海洋散骨の報告

代行海洋散骨

自然葬に決まった時期はありません。火葬後翌日に海洋散骨される方もいますし、四十九日の後に自然葬される方もいます。33回忌が終わり自然に還す方もいます。昔ながらの自然葬には「いつまで」という決まりはありません。今回は、火葬後翌日のご家族の方か...
大分県/海洋散骨の報告

奥様の代行海洋散骨+永代供養

愛する奥様を亡くした男性からのご依頼。火葬後49日は自宅で一緒にいて、49日が過ぎて奥様が生前望んでいた別府湾の海洋散骨へ。永代供養を一緒に申込されました。私たち一般社団法人まるっと終活大分支援協会の永代供養は、毎年お盆の頃に、ご家族の代わ...