管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 35

管理者

お墓について

大分県で海洋散骨/自然葬の種類

自然葬について あなたがこの世からいなくなった時、この世から旅立った直後(約3時間後)から遺骨になるまでの短い間、近親者は弔いのために目まぐるしい日々を過ごすことになるでしょう。 おそらく遺族は、分からないことを専門の人に聞きながら、通例や...
終活

死後について考えてみた!/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

備えとして大切なのは”自分のこれから”を考えること 自分がこの世から居なくなることを想像した事がありますか。 唐突にこんな質問をして驚いた方もいるでしょうね。 「あなたが死ぬ時…なんて失礼な!」と思った人もいるかもしれません。 少し言葉が足...
お墓について

法要・お参り・お供えはどうする?/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

お墓参りのギモン 知人や遠く離れた親族の法要、初盆など、春から秋にかけてお参りに出向く機会がありますが、お参りに行く直前になって、「何を準備したらいいの?」「うちの宗派は○○だけど、同じでいいのかしら?」と不安になった経験、ありませんか?「...
終活

宗派によって違いはある?お参りのマナー/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支…

仏教は、時代の流れの中でいくつかの開祖が誕生し、それぞれの宗派に大別していきました。中でも、日本で檀家が最も多い宗派は浄土真宗と言われています。平安時代から偉人を含め数多くの住職や修行僧によって繋がれ、人の心の支えとなった仏教の教えは今も語...
終活

家族葬と一般葬で何が違うか?注意するポイントは?直葬という選択/大分県で海洋…

知人や仕事の繋がりがある方々が亡くなった際、会葬をするシーンが少なくなったと感じませんか?近年、大々的に葬儀を行わずに親族だけで行う『家族葬』や、企業従業員と限られた関係者だけで行う『小さな葬儀』が増えています。通夜と葬儀の連絡を受けても、...
お墓について

納骨堂とは?海洋散骨との違い/一般社団法人まるっと終活大分支援協会(大分県)

天気に左右されずいつでもお参りできる お墓参りを予定した日の天気が晴天になれば、心も晴れ晴れとして清々しく感じられることでしょう。 しかし、親族でお参りを計画した日の天気が雨、季節によって台風や雪の予報を見てしまうと、お参りをする前から、ど...
終活

大分県のお墓の困った!どうする?今どきのあるある事情3選/海洋散骨の生前予約…

人生を終えた最期の別れ、お葬式は盛大に。自分がこの世から旅立ったあとは石墓に入るものだ。私の遺骨は親族の誰かがずっとお世話してくれるはず。ほんの数十年前までは、このように考える人が大半だったでしょう。 しかし、それより前は「葬祭場で葬式をす...
お墓について

お墓を持たない選択もある/大分県で海洋散骨

「お墓に入る」と聞くと、家単位で代々の血族家族の遺骨が納められる家族墓を想像するでしょう。 苗字を墓石に刻んだり、宗派の題目や経文を刻んでいるお墓を見たことがある人も多いはず。 これが最も一般的なお墓のスタイルでしたが、最近では、少子化など...
終活

今考えてみたい「お経」のこと/大分県

”新型コロナウイルス”。あっという間に、全世界的規模となりました。感染者数や発症・重症化したと報道される人数が、増えていく様子をニュースでみると、健康への心配と同じように、もしも自分の身に降りかかったら…(想像)が止まらず心も疲れていくよう...
終活

いまさら聞けない 葬儀のマナーあれこれ/大分県

弔辞連絡が来て、通夜または葬儀に参列することになると、「失礼がないように」という気持ちがわいてくるものです。 どんな物を準備すれば良いか、焼香やお参りの作法はどうだったか… これまでに参列した葬儀の記憶をたどってみても、どれが正解なのか分か...