管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 30

管理者

お墓について

お墓を持たない選択もある/大分県で海洋散骨

「お墓に入る」と聞くと、家単位で代々の血族家族の遺骨が納められる家族墓を想像するでしょう。 苗字を墓石に刻んだり、宗派の題目や経文を刻んでいるお墓を見たことがある人も多いはず。 これが最も一般的なお墓のスタイルでしたが、最近では、少子化など...
終活

今考えてみたい「お経」のこと/大分県

”新型コロナウイルス”。あっという間に、全世界的規模となりました。感染者数や発症・重症化したと報道される人数が、増えていく様子をニュースでみると、健康への心配と同じように、もしも自分の身に降りかかったら…(想像)が止まらず心も疲れていくよう...
終活

いまさら聞けない 葬儀のマナーあれこれ/大分県

弔辞連絡が来て、通夜または葬儀に参列することになると、「失礼がないように」という気持ちがわいてくるものです。 どんな物を準備すれば良いか、焼香やお参りの作法はどうだったか… これまでに参列した葬儀の記憶をたどってみても、どれが正解なのか分か...
お墓について

エンディングノートのお墓について/直葬と海洋散骨/大分県

いざという時のために寺院や斎場について調べておこう! 自分らしい葬儀で見送られたい、残された家族が困らないように希望や手続きを残しておきたい。 そんな思いからエンディングノートや葬儀のための遺言を残す人が増えてきました。 エンディングノート...
お墓について

大分県/永代供養ってなに?新しいお墓の在り方/海洋散骨とは?

永代供養と多様なお墓の種類 永代供養、、、昔からあるような言葉ですが、じつは、ここ近年の新しい言葉です。 永代供養とはお寺が家族に代わって永代にわたり管理と供養を行うお墓のことです。 先祖代々の墓や家ごと入った一般の墓とは大きな違いがありま...
お墓について

骨葬ってなに?火葬との違い/大分県で注目されるお見送り海洋散骨

火葬と地域性について 亡くなった人を葬る方法に、かつては土葬(埋葬)がありましたが、現在は法律に則って、火葬が主流になりました。現代では、ほぼ100%の人が火葬されています。 火葬は、法律の制定で全国的に統一されましたが、葬儀の進行や納骨の...
終活

死んだ後はどうなるの?死から納骨まで/大分県

出棺から火葬場へ 火葬場で行うこととは 死んだ後の流れ・・・・あなたが死んだ後はどうなるの? 葬儀告別式が終わった後、遺族や友人など親しかった人と、最後の対面を行います。 この時に、別れ花(祭壇のお花)を遺族近親者の手で遺体の周りに飾ります...
お墓について

大分県/葬儀・法要のやり方/大分県で海洋散骨(一般社団法人まるっと終活大分支…

納骨はいつする?一周忌までに行うことあれこれ 大事な人を亡くした直後は、悲しみに暮れる間がないほど、いろいろな手続きや、親族、知人への連絡、時間と気づかいが必要になります。 一般的には、死後3時間後には「遺影写真」「葬儀」の準備が始まります...
お墓について

後悔しない墓選びのポイント/大分県で海洋散骨という選択肢も

大分県の墓地選びのためのチェックポイント 長い目で見てしっかり下見を 最近では大分県でも、納骨堂やシンボル樹木を建立した樹木葬墓地が増えてきました。 どの墓地にも特色があり、料金も低価格で設定されているように見えます。 しかし、納骨する場所...
お墓について

自分の死後のこと/大分県で海洋散骨

埋葬されるイメージ 死後の世界、自分はまだまだ…と思っていても、人生どのタイミングで何が起こるか分かりません。 家族のためにがむしゃらに働いて、自分がいなくなった後は子・孫まかせ…これは数十年前の話です。 核家族化がすすみ、お墓や葬式に対す...