自然葬 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

自然葬

自然葬とは

樹木葬と海洋散骨の違い/大分県の場合

大分県内の樹木葬と海洋散骨の違い 『樹木葬』と『海洋散骨』は、近年注目されている火葬後の遺骨の行き先ですが、それぞれに別の特徴があります。よく同じ「自然葬」だと思われがちですが最近の樹木葬は厳密にいう自然葬ではありません。これらを選択するに...
お墓について

海洋散骨は後悔する?/ある僧侶のアドバイスから考える供養とは?

娘にお墓を残さない海洋散骨という選択 8ヵ月前、ある男性から海洋散骨の資料請求がありました。その6か月後、その男性の娘さんという女性から「父が先日亡くなりました。」と連絡が入りました。「生前、父は、体を悪くしてから自分はもう長くないと言って...
終活

【相続問題】長男に、自分の財産を相続させたくない…

長男に相続させたくない相続問題で遺留分廃除とは まるっと終活大分支援協会には、終活や相続、供養にまつわる様々なご相談やお問い合わせをいただきます。近ごろは、ご自身の死後の相続問題を心配している方も多いようです。今回は、70代女性のエピソード...
大分県/海洋散骨の報告

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ(70代女性)

身寄りなしお1人終活/愛するご主人を自然葬へ お互い再婚同士の夫婦だったそうです。ご主人は12年前に亡くなり、ずっと自宅で供養していました。「自分も年老いて、子供もいないし、身寄りがいないから。心残りが主人の遺骨でした。」と語る姿が印象的で...
大分県/海洋散骨の報告

葬儀社からの紹介/特別代行海洋散骨(60代女性)

ご主人が希望したお墓を持たない選択とは 葬儀社で家族葬後、四十九日の法要の後に特別代行海洋散骨を執り行いました。亡きご主人が海洋散骨を希望されていたそうです。ご主人は次男なのでお墓を建てていないそうで、「お墓を持たない選択」をされたと言って...
活動

母の遺骨の行き先/60代長女の選択

母子家庭で育ててくれた母が亡くなりました。私は1人娘で結婚しているので供養の仕方が分かりません。という相談がありました。 詳しくお話を伺ってみると、、、お母さんが亡くなってもうすぐ四十九日の法要を迎えるとのこと。お墓は無く、旦那のお墓に埋葬...
自然葬とは

海洋散骨。最期は優雅に、大分の海に抱かれたい

人生を振り返り第2の人生を悔いなく生きる 大分でも、墓じまいに取り組む人が増えています。少子高齢化の中で、お墓の在り方も、お墓に対する考え方も変化しています。まるっと終活大分支援協会に相談する人たちの中には、「墓じまい」や「海洋散骨」を検討...
お墓について

海洋散骨体験クルージングの依頼/大分県内

手元供養セット 私たちは海洋散骨の体験クルージングを開催しています。依頼は、4名様以上集まる必要がありますが、先日の海洋散骨体験クリージングは、3家族から同時にお申し込みがありました。3家族と言っても、皆さん親戚同士。しかし、3家族とも、お...
自然葬とは

海洋散骨+分骨=自然葬+手元供養の選択/大分市より

手元供養の新しい文化 大分市内のご年配女性からの依頼でした。老々夫婦で過ごしていたそうですが、先日ご主人を亡くされた後、四十九日後に「代行で海洋散骨」を承りました。ご自宅までお伺いしてご遺骨をお預かりし、当協会の商品「手元供養セット」を希望...
大分県/海洋散骨の報告

3柱を代行で海洋散骨をとり行いました/大分市

大分県で代行海洋散骨が行われました 今日は代行海洋散骨の日。 3柱の遺骨を自然に還しました。大分市内の墓じまいのご遺骨(1柱)と、自宅で供養されていた2柱。この日は、風もなく穏やかな波でした。 昔は皆んな自然葬でしたから、海洋散骨とは昔の弔...