海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 6

海洋散骨

大分県/海洋散骨の報告

全国から家族が大分に集まりお見送り海洋散骨

大分出身のお父さんのお見送り海洋散骨をお手伝いしました。大分出身のお父さんを故郷へ。ご家族が、東京、関西など全国から大分に集まり総勢7名様。この日はとても暑い日でしたが、青空の下、波もなく良いお見送りができました。 お父さん、故郷に還れてよ...
お客様の声

喜んでいるのが分かりました/お見送り海洋散骨

大分県佐伯より船を貸し切って行う「お見送り海洋散骨」の依頼を受けました。僧侶乗船プランで法要を行いながら海洋散骨。「故人が喜んでいるのが分かりました」というお電話を後日頂きました。良いお見送りができました。 大分県内でも、大分市、別府市に次...
自然葬とは

大分県で自然葬が選ばれる理由

自然葬とは、火葬した後の遺骨を粉末状にして土に埋めたり、海洋に散骨したりして自然に還す埋葬の方法です。一見、いま話題の樹木葬も自然葬の1つと思われがちですが、多くの樹木葬は「骨壺」に入れた遺骨をシンボルツリーと呼ばれる木の回りに空間を作り骨...
自然葬とは

大分県の墓じまい/ご先祖様に申し訳ない気がする理由

先祖墓を墓じまいして、お墓の中の遺骨を整理することを「遺骨整理」と言います。遺骨整理の選択肢の1つとして「海洋散骨」が選ばれています。 しかし、海洋散骨を希望しても、家族の誰かが、もしくは親戚から反対されるという声もよく聞きます。お墓じまい...
自然葬とは

大分県で先祖を海洋散骨で供養する選択

昭和の時代、日本は高度経済成長期を経て人口が増え続けてきました。新しい道路を作り、新しい団地を作り、これまでお墓だった場所も全国の自治体が「市営墓地」「県営墓地」を作り、そこへ引越しをせざるを得ない時代でした。人口が増え、お墓の需要が増え、...
死後事務委任契約

子供がいない人、親族が遠方で交流がない人が死後事務委任契約を選ぶ理由/大分県

死後事務委任契約は使えるのか? 死後事務委任契約は、自分が亡くなった後の事務を誰に任せるかを決定する契約です。これにより、葬儀の手配、墓地の問題など、故人に代わって手続きを進めることができます。特に高齢者の一人暮らしや子供が遠隔地に住んでい...
自然葬とは

一般社団法人まるっと終活大分支援協会の海洋散骨後の特別な永代供養サービス

大切な人を亡くした時、私たちは常に故人を偲び、その魂に対する尊敬と愛を表現する方法を探します。一般社団法人まるっと終活大分支援協会は、その想いをサポートし、特別な形で故人を偲ぶサービス提供をスタートしました。 まるっと終活大分では、海洋散骨...
終活

終活の一環として考える死後事務委任契約と海洋散骨/大分県大分市

大分県で増加している高齢者が抱える問題とは 近年、高齢化社会の進行とともに、自分の人生の終わり方を自分自身で考え、準備する「終活」が注目を浴びています。終活は自身の死を前提とした活動であるため、少々重いテーマではありますが、これを通じて自分...
お客様の声

スッキリしました/大分市内からお見送り海洋散骨

大分市内にお住まいの女性姉妹からの依頼でした。先祖のお墓じまいをして、お墓の中のご遺骨2柱をお見送り海洋散骨をしました。船に乗っている時、「お墓の中にいるより、こっち(海洋散骨)の方がいい!私も海に流して欲しい」と、姉妹2人の会話がとても印...
お客様の声

凄く安心しました/別府市から墓じまい海洋散骨の依頼(60代女性)

知人が当協会で海洋散骨したと聞き資料請求を頂き、すぐにお申し込みがあり代行で海洋散骨を執り行いました。お墓の中に眠るご主人のご遺骨を取り出しお墓じまいをして、海洋散骨へ。亡くなってかなりの年月が経過しているのでしょうが、ご主人が好きだったお...