海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 12

海洋散骨

メディア掲載実績

【読売新聞】葬送の選択肢増やす/読売新聞に弊社代表が紹介されました

読売新聞「きらり人」の欄にて弊社代表が紹介されました。 ↓ここから記事内容 葬送の選択肢増やす 遺骨を海に流して供養する「海洋散骨」を行う一般社団法人を設立した。 核家族化が進み、墓の継承に不安を抱える人は多い。「葬送の選択肢を増やしたい」...
大分県/海洋散骨の報告

別府湾散骨/3回忌を終えてから海洋散骨

代行で海洋散骨を執り行いました。自宅供養されていたご主人の3回忌が終わり、ご主人のお誕生日を一緒に過ごされた3日後に自然に還すお手伝いをしました。
メディア掲載実績

【大分合同新聞】に弊社代表が紹介されました/デスカフェを開いている大分市の終…

まるっと終活大分支援協会
自然葬とは

直葬+自然葬とは?大分県でも注目されてきた海洋散骨への流れ

時代の変化と共に老々夫婦やお1人様終活が徐々に注目を集め始めています。特に子どもが県外に住んでいる場合、家族葬よりももっと簡単な葬儀である「直葬」を選ぶ人が増えつつあります。 従来、葬儀には大きなお金と時間がかかり、遺族に精神的な負担をかけ...
大分県/海洋散骨の報告

大分県別府湾/福岡からお見送り散骨へ8月7日

自宅供養していた大分出身のお父様を息子さんがお一人でお見送り散骨されました。関東でお亡くなりになりご自宅で供養しながらずっと自然葬を探していて、地元大分の海洋散骨業者を探していたそうです。当日は運よく雨天気予報から晴天へ!サラサラに粉骨され...
自然葬とは

大分県の海洋散骨とは? | 特徴やメリット・デメリット、違法性まで徹底解説

大分県でも「自分の代で墓をたたんで、遺骨を自然に還したい」と考えている方が増えてきています。墓の管理が大変なこともあって、子どもたちに迷惑をかけたくないという思いから墓じまいを選択しているのです。 そんな中で近年注目を集めているのが、海洋散...
お墓について

大分県も多死社会へ突入/海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

2022年6月、大分県の地元新聞(合同新聞)によると、大分県内の2021年出生数が減少し、一方死亡者数が出生数の2倍を超えたと発表。大分県の人口減少に歯止めが掛かっていないという。 多死社会とは? 最近、多死社会という言葉をよく耳にするよう...
お客様の声

大分県で海洋散骨/生前予約/東京都在住女性

4人家族です。夫の家墓には入らずに海洋散骨を希望しています。息子たちにはそう伝えて、意志が固いことを理解してもらっています。大分県には縁はありませんが、海は世界中でつながっているので、こどもたちも寂しくないと思います。(生前予約/東京都女性...
お客様の声

大分県で代行海洋散骨/自宅供養中/福岡在住40代

父と弟を自宅供養中していました。13回忌でした。父は大分県出身です。自然に還して頂きありがとうございます。(代行海洋散骨/福岡県/40代女性)
お客様の声

大分県でお見送り海洋散骨/生前予約/福岡在住70代

大分県別府市に在住の友人夫婦が終活でお墓を持たない選択(海洋散骨)の生前予約をしたのを聞いて、私たち夫婦も申し込みました。先に亡くなった方を残った者が見送ることができるし、先に海で待っているねという約束をしました。安心して第2の人生を歩めま...