大分 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 3

大分

未分類

東京から姉のお見送りに/大分で海洋散骨

大分県で1人で暮らしていた姉のために、東京から妹さんが駆け付け、大分でお見送り海洋散骨をとり行いました。高齢でお1人様だった姉が大分で亡くなり、親族は東京で暮らす実の妹さんのみとなり、お電話で依頼を受けました。 今回のような依頼は決して珍し...
墓じまい

故郷の大分県での、墓じまいや海洋散骨を考えている方に…

近ごろ、テレビや書籍、インターネットでも“墓じまい”というワードがよく取り上げられています。これは、戦後から高度経済成長期・バブル期を経て、高齢化社会・人生100年時代を迎えた私たちが抱える大きな課題だともいえます。 この記事では、故郷の大...
死後事務委任契約

おひとり様シニアこそ 死後事務委任契約を

大分で1人終活 未婚や離婚、死別など、さまざまな状況で、おひとり様で暮らすシニアの方が大分県にも増えています。誰にも気兼ねせず、自由にシニア期を楽しみ、イキイキと過ごしている方が多くいらっしゃいます。ただ皆さん、自分が亡くなった後のことは少...
終活

さまざまな思いが駆け巡る 遺品整理(生前整理)

遺品整理は1人平均30万円4T車2台分 人が亡くなると、必ずといっていいほど遺品整理が必要になります。1人あたり平均4t車2台分の遺品が出ているそうです。その処分費用は平均30万円。モノを大切にする時代の方は、さまざまな思い出の品を所有して...
死後事務委任契約

遠方で暮らす親が亡くなったときの、よくあるお困りごと

家族葬が増える理由 少子高齢化の今、子どもや親戚は遠方で暮らしていて「もしものときにすぐ駆けつけることができない」といったケースも増えています。遠方で暮らす子にとっても、親が亡くなると、深い悲しみが押し寄せるとともに、様々な困りごとが生じる...
死後事務委任契約

旅立つときは誰でもひとり。最近話題の「あの世離婚」

あの世離婚が増える理由 最近は“家”や“結婚”についての考え方も多様化してきています。以前は、女性は結婚したら嫁ぎ先の氏を名乗り、亡くなったら夫のお墓に入ることが“当たり前”とされてきました。けれど昨今では「別居婚」「週末婚」「通称としての...
墓じまい

大分県で墓じまいを検討している方へ: 実際の体験談をもとに、その費用と手順を…

大分で墓じまいの費用 墓じまいは、家族や先祖の墓を手放す判断が必要なため、簡単な決断ではありません。しかし、お墓から遠い場所に引っ越したり、後継者がいない場合など、墓じまいが適切な選択となることもあります。大分県で墓じまいを考えている方に、...
大分県/海洋散骨の報告

竹田市より墓じまい海洋散骨

ご両親のご遺骨を自然に還すお手伝いをしました。先に亡くなったお父さんはお墓の中。最近亡くなったお母さんは四十九日まで自宅で供養していたそうです。お墓じまいをして両親をお見送り海洋散骨へ。 当日は朝まで雷を伴う激しい雨でしたが、出航の時間にな...
大分県/海洋散骨の報告

代行海洋散骨の依頼/大分県日出町より

若くして先立たれた奥様のご遺骨をお預かりしました。奥様の遺言で自然葬を選択されたそうです。大切にお預かりして、天気の良い日に代行で海洋散骨をとり行いました。ご主人が、「妻の願いがかなってよかった、これからは海に会いに行きます。海がお墓です。...
実家じまい

大分県の「実家」が心に引っかかっていませんか

実家じまいのメリットとポイントをお伝えします 大分の実家じまい 今回は、大分県に実家がある方に向けて、【実家じまい】についてお話ししたいと思います。長年心が休まる場所だった実家を手放す“実家じまい”。初めは心に葛藤があるかもしれませんが、同...