管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 8

管理者

大分県/海洋散骨の報告

大分市より両親の墓じまい海洋散骨の依頼/代行散骨

お寺で永代供養していた両親のご遺骨をお預かりしました。施主のご両親はお寺の納骨堂で供養されていたそうですが、最近亡くなった施主のお兄さんが海洋散骨を希望されていたそうで、親子3人で海洋散骨をして欲しいと依頼されました。おそらく数十年ぶりに親...
大分県/海洋散骨の報告

お母さん、ありがとう。いってらっしゃい/姉妹でお見送り海洋散骨/竹田市より

大好きなお母さんを海洋散骨するお手伝いをしました。姉妹で出航地までお母さんのお見送りに来ました。依頼を受けたのは、「代行での海洋散骨」。姉妹は2人ともひどい船酔いをするそうで、船には乗らずに陸からお見送り。船が出航するまで涙ながらにお母さん...
大分県/海洋散骨の報告

大分の海に託された思い — 別府市より代行海洋散骨

肉親の死により選択する弔いのカタチには、様々な選択があります。先日、別府市に住む男性から、大切なお父様の遺骨を託されました。お父様は長い間病気との闘いを続けてきましたが、最後は静かにこの世を去られたそうです。火葬後、しばらく施主の自宅で供養...
終活

年齢を重ねる親に相続の話題。どのタイミングで?

相続の話題を切り出すときのコツ 年齢を重ねる親に相続の話題を切り出す時のコツとは 久々に実家に帰り、親の背中を見て「年とったなぁ」と涙がこぼれそうになってしまうことはありませんか。親が年齢を重ねるにつれ、将来のことを考える機会も増えてきます...
終活

相続や贈与は計画的に考える時代/2024年には税制改正も!

相続と贈与はどちらがお得なの? 家族の絆を大切にし、将来にわたって資産を守り育てていくためには、相続や贈与について計画的に考えることが大切です。しかし、これらの分野は法律や税金にもかかわる問題ですし、個人の状況によって対策も変わります。適切...
大分県/海洋散骨の報告

8月に永代供養の法要を執り行いました/大分で海洋散骨

大分の海での特別な法要:私たちの海洋散骨永代供養とは? 大分の海洋散骨永代供養法要とは? 私たち一般社団法人まるっと終活大分支援協会は、毎年お盆の頃、大分の海で海洋散骨の永代供養法要を行っています。 海洋散骨は、故人の意志や家族の願いに従っ...
お客様の声

関東から家族全員で大分出身のお父さんをお見送り

大分出身のお父さんをお見送り海洋散骨するお手伝い。大分県の国東出身のお父さん。若い頃に上京し、関東にて家族を作りなくなりました。生前から「大分に帰りたい」という願いがあったそうです。今回は、コロナ禍で長引いていた大分での海洋散骨のために家族...
墓じまい

【お客様の声】大分県佐伯市で墓じまい/勇気のいる決断でした。その理由とは

大分県佐伯市で墓じまい海洋散骨の様子 両親が元気なうちに墓じまい。その決意を先祖が後押し (導入)今回は、「高齢の両親が元気なうちに墓じまいを…」と決意した山本さんのストーリーをご紹介します。ご自身は独身ということもあり、お墓の継承は難しい...
自然葬とは

大分県は墓不足なのか?海洋散骨が選ばれる本当の理由

日本は世界一の高齢者国で、少子高齢化(人口減少)しています。お墓を引き継ぐ後継者がいない家、後継者がいても女性なので負担になるから、、、という人が増えています。 人が必ず迎える最後は、誰にとっても考えたくないことでしょうが、、、、かと言って...
お客様の声

【お客様の声】大分県臼杵市で墓じまい海洋散骨を選んだ理由とは?

大分県臼杵市で墓じまい海洋散骨をとり行いました。 なかなか踏み出せずにいた「墓じまい」を終え、心穏やかに (導入)2023年7月、Kさんから墓じまいと海洋散骨のご依頼をいただきました。 ご依頼主のKさんは50代の独身男性。離れて暮らすお母様...