終活 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 3

終活

お客様の声

故郷から離れて両親のこれからを想う/海洋散骨(大分県出身・東京在住50歳 会…

私は、高校を卒業してから、大分県を離れてずっと県外で働いています。 現在は東京で妻、子供らと暮していて、この先もずっと東京で暮らしていくつもりでいます。 「実家がある大分県に戻ってこないのか?」と知人に聞かれることも、これまで度々ありました...
お客様の声

一人暮らしの拠り所に海洋散骨を選びました(80歳女性 大分県在住無職 独居 …

「自分は元気だ、まだまだこれから」と思っていたのは数年前のこと。この年代になって初めて「おひとりさま」になると、生活や時間の過ごし方が全く変わってしまいました。 楽しいことよりも、不安の方が大きくなっていって、気持ちはどんどん落ち込むばかり...
お客様の声

孫の言葉にハッとして海洋散骨を選びます(70代女性 無職 大分県 夫婦2人暮…

5年前、私の子どもが結婚して孫が生まれ、おばあちゃんになりました。 子育てをしていた時と違って、孫というのは本当に、無条件にかわいいものですね。 子ども世帯は関東で生活しているので、実家に戻ってくるのはせいぜい年1回。盆正月の長期休暇のタイ...
お客様の声

海洋散骨のパンフレットがきっかけでした(60代女性 大分出身千葉県 ホームヘ…

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世...
お客様の声

海洋散骨の生前予約を選びました。自分と家族が納得する納骨 (40代男性 大分…

幼かった頃から社会人になってしばらく経つまで、参列するお葬式がどこか他人事のように感じていました。 ただ、自分も40代の親世代になり、近しい知人や身内が亡くなっていく折にふれ、「私の家族が同じ立場になったらどうなるんだろう」と、おぼろげなが...
お客様の声

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために直葬と海洋散骨を選びます(…

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほ...
お客様の声

私は家墓よりも大分県で海洋散骨を選びました(60代女性 熊本県在住)

20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分県から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分県と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。 でも、お姑さんはなかなかそれは厳しい人で、家事や子育てのいろんなことで...
お墓について

永代供養をお願いする寺院の選び方/大分県で海洋散骨のまるっと終活大分支援協会

歳を重ね、生きている時間が長くなるほど「生き死に事は大変!」と感じませんか。 子や孫が生まれるのは、あらかじめ準備と心構えができますが、近しい人の不幸は突然やってきます。 また、親族として葬儀を取り仕切る場合、「初めてのことだらけで何からす...
終活

戒名って必要なの?という素朴な疑問について/大分県で海洋散骨のまるっと終活大…

親族の葬儀があった折、 「○○寺にお願いすれば大丈夫だから。ずっとそこでお願いしているから」 という話を先代から聞いたけれど、そのお寺に一度も行ったことがない…というのは良くある話。 仏壇が家にあり、祖父母がその前で何度もお経を読む姿は、一...
自然葬とは

大分県で海洋散骨のススメ/未来につながる自然葬

ほんの数十年前までは、自分と近しい誰かの葬儀や法要=悲しいものというイメージを抱く人が多かったように感じます。 現生の世界から、どのようにしてあちらの世界(死後)に行ったか…という事情によっても寂しさや悲しさの具合は違うでしょう。ただ近年、...