海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 2

海洋散骨

大分県/海洋散骨の報告

祖父を見送る孫娘/海洋散骨には抵抗のある祖母とお見送り/佐伯市より

依頼があったのは20代女性からでした。父方の祖父が亡くなり「お見送り海洋散骨」のお申し込みがありました。当日は、依頼者と依頼者の祖母(故人の奥様)が乗船して海へ。船の上で、故人の奥様(祖母)にお話しを聞いてみると、故人は臼杵市にお墓を購入済...
大分県/海洋散骨の報告

3回延期して叶ったお見送り海洋散骨/大分市より4名様乗船

大分市に住む80代の女性と40代の娘さんたちからの依頼でした。亡くなったお父さんを海洋散骨でお見送りしたいと。女性たちの家族なので家墓は持たずに、お父さんが生前に選んだのは、「お墓を持たない選択の自然葬」でした。 春は季節の変わり目。希望日...
大分県/海洋散骨の報告

夫の遺骨を3つに分骨/海洋散骨でより良いお別れの仕方

遺骨を3つに分骨(海洋散骨・納骨堂・散骨) 施主は80代の女性でした。足腰が悪く、船に乗れるか不安でしたが、息子さんとお嫁さんの手助けもあり、お見送りで海洋散骨を執り行いました。故人の願いで、骨つぼの中のご遺骨を半分だけ残し、取り出した半分...
大分県/海洋散骨の報告

大分市で墓じまい海洋散骨の依頼/遺骨整理

様々な事情で「墓じまい」をする方からの相談が増えて来ました。 昔は土葬に木の墓標で全てが自然に返っていたので、墓じまいをする必要が無かったのですが、昭和の時代から骨つぼに遺骨を納め石墓の中に保管するようになってから、家族の遺骨を誰かが整理し...
大分県/海洋散骨の報告

大分の墓じまいを京都から/遺骨整理で海洋散骨

京都に住む女性からの依頼でした。大分のお寺にあるお墓じまいをして、中の遺骨を「お見送り海洋散骨」をしたいという相談からスタートしました。 施主は海洋散骨の日に家族で大分へ来るので、それまでの一切をまるっとお任せして頂きました。お寺に行ってお...
大分県/海洋散骨の報告

鶴見霊園から代行海洋散骨/神戸市から遠隔墓じまい

神戸市にお住まいの女性からの依頼でした。別府市にある鶴見霊園内に父の兄弟たちが共同で建てたお墓の中にあるお父さんの遺骨を取り出して自然に戻して欲しいというのです。 お墓の後継者もおぼつかない状態で、自分たち子供も女性だけなので、お父さんの遺...
お客様の声

京都市より代行海洋散骨の依頼/大分出身のお父さんを故郷へ還すお手伝い

京都市から代行海洋散骨の依頼大分出身のお父さんの願い 関西に住む女性からの依頼でした。お父さんが亡くなり、四十九日の法要が終わり、父の生前からの願いだったという「故郷の大分で海洋散骨」をして欲しいという依頼でした。依頼主の女性は関西在住で、...
大分県/海洋散骨の報告

東京からお見送り海洋散骨へ家族4名/30代女性より

大分県別府市出身のお母さんをお見送りしました。お母さんは別府で生まれ育ったそうです。お母さんは、大分から上京して結婚、そして、依頼者の女性を東京で産み育て、最後は東京で亡くなりました。散骨の依頼者は娘さんです。お母さんが生まれ育った故郷へ還...
終活

終活の第一歩は、戸籍謄本の取り寄せから

戸籍謄本は終活の第一歩 まるっと終活大分支援協会には、終活にまつわる様々なご相談やお問い合わせをいただきます。中でもよく聞かれるのが「終活に取り組みたいのですが、何から始めたら良いでしょうか?」というお悩みです。そういった方には、「まずは戸...
大分県/海洋散骨の報告

建てたお墓は1度も使用せずに墓じまい/自宅供養中(代行海洋散骨・大分市女性8…

建てたお墓は1度も使用せずに墓じまい 大分市内にお住まいの女性(88才)からの依頼でした。ご主人が亡くなって2年。ずっと自宅で供養していたそうで、自分もあとどれくらい生きれるか分からないので海洋散骨を選択したそうです。 施主の女性、じつはご...