海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 17

海洋散骨

終活

家族葬と一般葬で何が違うか?注意するポイントは?直葬という選択/大分県で海洋…

知人や仕事の繋がりがある方々が亡くなった際、会葬をするシーンが少なくなったと感じませんか?近年、大々的に葬儀を行わずに親族だけで行う『家族葬』や、企業従業員と限られた関係者だけで行う『小さな葬儀』が増えています。通夜と葬儀の連絡を受けても、...
お墓について

納骨堂とは?海洋散骨との違い/一般社団法人まるっと終活大分支援協会(大分県)

天気に左右されずいつでもお参りできる お墓参りを予定した日の天気が晴天になれば、心も晴れ晴れとして清々しく感じられることでしょう。 しかし、親族でお参りを計画した日の天気が雨、季節によって台風や雪の予報を見てしまうと、お参りをする前から、ど...
終活

大分県のお墓の困った!どうする?今どきのあるある事情3選/海洋散骨の生前予約…

人生を終えた最期の別れ、お葬式は盛大に。自分がこの世から旅立ったあとは石墓に入るものだ。私の遺骨は親族の誰かがずっとお世話してくれるはず。ほんの数十年前までは、このように考える人が大半だったでしょう。 しかし、それより前は「葬祭場で葬式をす...
お墓について

お墓を持たない選択もある/大分県で海洋散骨

「お墓に入る」と聞くと、家単位で代々の血族家族の遺骨が納められる家族墓を想像するでしょう。 苗字を墓石に刻んだり、宗派の題目や経文を刻んでいるお墓を見たことがある人も多いはず。 これが最も一般的なお墓のスタイルでしたが、最近では、少子化など...
お墓について

大分県/葬儀・法要のやり方/大分県で海洋散骨(一般社団法人まるっと終活大分支…

納骨はいつする?一周忌までに行うことあれこれ 大事な人を亡くした直後は、悲しみに暮れる間がないほど、いろいろな手続きや、親族、知人への連絡、時間と気づかいが必要になります。 一般的には、死後3時間後には「遺影写真」「葬儀」の準備が始まります...
お墓について

自分の死後のこと/大分県で海洋散骨

埋葬されるイメージ 死後の世界、自分はまだまだ…と思っていても、人生どのタイミングで何が起こるか分かりません。 家族のためにがむしゃらに働いて、自分がいなくなった後は子・孫まかせ…これは数十年前の話です。 核家族化がすすみ、お墓や葬式に対す...
お墓について

3種類ある墓地の違いとメリットデメリット/大分県で海洋散骨する方法

3種類ある墓地の違いとメリットとデメリット 日本には埋葬法という法律に則り、お墓を建てられる場所が制限されています。 自分が「ここで眠りたい、還りたい」という理由で、勝手にお墓を建てることも散骨することもできません。 昨今では、納骨堂ブーム...
お墓について

檀家とは?大分県で海洋散骨/一般社団法人まるっと終活大分支援協会

檀家(だんか)という言葉を聞いたことがあると思いますが、お寺には檀家制度というものがあります。 あるお寺に属して、亡き故人の法要や供養を営んでもらい、所属している寺院にお布施(経済的な支援)を行う制度を檀家制度といいます。 その昔、村人たち...
お墓について

死亡者数が出生数の2倍超へ。これから注目される自然葬=海洋散骨?大分県人口と…

「最近、葬儀社や墓地のテレビCMが増えたな…」と感じませんか。 一昔前は、葬儀社や石材店のCMはおろか、仏事に関する宣伝などは不謹慎なものだと感じる人が多かった気がします。 身内に不幸があれば、誰かが知っているどこかのお坊さんに連絡をして、...
終活

大分県の家族葬?直葬?海洋散骨?

通夜や葬儀は、近親者や知人、地元の住民が集って故人を見送る儀式。故人との関係が近ければ近いほど、 ・あの人はこんな葬儀を望んでいないはず。・どうしてあの葬儀社に頼んだの!?・●●家は代々あのお寺に戒名を頼むのに。 どことなく葬儀や法事の場に...