海洋散骨 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 14

海洋散骨

お客様の声

墓じまいをして大分県で海洋散骨を選びました(50代男性会社員 兵庫県で家族4…

働き盛りと言えば聞こえは良いですが、私も40代の後半あたりからだんだんと体の不調が多くなってきました。 旧友に会っても、懐かしむ話はすぐにおしまい。メタボの心配と、健康トークの方が盛り上がるような年齢になってしまいましたね。 実は先日、大分...
お客様の声

終活アドバイザーである私の理想は「海洋散骨」 (40代男性 大分県出身東京…

東京で暮らして早20年近くになろうとしています。 生まれは九州の大分県で、大学進学のために関東へ上京してからずっと、実家を離れて生活しています。 そして、昼間は企業戦士として働き、週末や夜には副業として、主に高齢者の方に向けて終活セミナーを...
お客様の声

いずれは大分市で海洋散骨してもらうようにお願いしました (70代女性 福岡…

私は大分県に生まれて、主人の仕事の関係で福岡に引っ越して以来、60年ほど福岡で生活をしています。 私には姉がいますが、結局一度も結婚をしないまま大分県で一人暮らしを続けてきました。 還暦を超えたころから、姉の様子を伺いに、月に1度は大分市へ...
お客様の声

家族と一緒のお墓に入ることを拒否/海洋散骨を選びました (40代 飲食業 …

人生、いろんなことを考えて、 人生を生きて最期はみんな同じように死んでいくんだと思っていました。 私一人が何か特別な人間だとは思っていません。 だって、私と同じ悩みを抱えている人はきっと世の中にたくさんいるでしょうから。 私は、男か女かとく...
お客様の声

一人暮らしの拠り所に海洋散骨を選びました(80歳女性 大分県在住無職 独居 …

「自分は元気だ、まだまだこれから」と思っていたのは数年前のこと。この年代になって初めて「おひとりさま」になると、生活や時間の過ごし方が全く変わってしまいました。 楽しいことよりも、不安の方が大きくなっていって、気持ちはどんどん落ち込むばかり...
お客様の声

海洋散骨のパンフレットがきっかけでした(60代女性 大分出身千葉県 ホームヘ…

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世...
お客様の声

海洋散骨で墓じまい(60代男性 大分県年金受給者 無職)

お恥ずかしい話ですが、私はこれまでの人生でお金の工面に苦労してきました。 決して散財した訳ではありません。 両親の闘病と妻の病気の治療費を払うのに精一杯だったのです。 祖父母のお墓は公営墓地にあったのですが、私が働き始めてすぐに父の闘病が始...
お客様の声

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために直葬と海洋散骨を選びます(…

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほ...
お客様の声

私は家墓よりも大分県で海洋散骨を選びました(60代女性 熊本県在住)

20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分県から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分県と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。 でも、お姑さんはなかなかそれは厳しい人で、家事や子育てのいろんなことで...
お客様の声

海洋散骨なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。 祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこもみんな近所に住み、若い頃は一家総出で畑仕事に精を出したもので...