お墓を持たない選択 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会

お墓を持たない選択

大分県/海洋散骨の報告

千葉県から墓じまい海洋散骨/50代女性

千葉県から墓じまい海洋散骨の依頼 大分市勢家町にある伝統的なお寺の境内にあるお墓の「墓じまい」を依頼されました。墓じまいからのお見積りを依頼されたのですが、墓石撤去はお寺の指定業者のみ行えるとのことで、閉眼供養後に指定業者が取り出したご遺骨...
活動

母の遺骨の行き先/60代長女の選択

母子家庭で育ててくれた母が亡くなりました。私は1人娘で結婚しているので供養の仕方が分かりません。という相談がありました。 詳しくお話を伺ってみると、、、お母さんが亡くなってもうすぐ四十九日の法要を迎えるとのこと。お墓は無く、旦那のお墓に埋葬...
自然葬とは

火葬帰りに/大分でお見送り海洋散骨の依頼

火葬の翌日に海洋散骨 先日、「これから御社に行きたい。お見送り海洋散骨の相談で、、、。」という電話があり、約束の時間までお待ちしていると、喪服を着たご兄弟が骨壺を持って来社されました。よくよく聞いてみると、先ほどお父様の火葬が終わり、その足...
自然葬とは

海洋散骨体験クルージングの依頼/大分県内

手元供養セット 私たちは海洋散骨の体験クルージングを開催しています。依頼は、4名様以上集まる必要がありますが、先日の海洋散骨体験クリージングは、3家族から同時にお申し込みがありました。3家族と言っても、皆さん親戚同士。しかし、3家族とも、お...
お客様の声

漁師の父を見送る/佐伯市からの依頼

大分県佐伯市で漁師だったお父さんの海洋散骨。この日、全国からご家族が集まり、お父さんのお見送りをしました。海でお仕事をしていたお父さんは生前から「海洋散骨」を望んでいたそうです。都会で暮らす娘さんからの依頼でした。お母さんは自宅で1人暮らし...
お客様の声

豊後高田市からの依頼/お見送り海洋散骨

今日は、豊後高田市からお見送り海洋散骨のアテンドをしました。依頼者のお母さんが亡くなり、親族が県外からも集まりました。お孫さん(お嬢さん)も当日の朝に家族と合流して、合計6名のご家族と一緒に大分市で海洋散骨をとり行いました。依頼者は、「お墓...
大分県/海洋散骨の報告

お父さんのお見送りに全国から家族が集まる/別府市からの海洋散骨依頼

別府市に住む70代の女性からの依頼でした。ご主人を亡くし、1年間ほど自宅で供養されていたそうです。お墓やお付き合いのあるお寺さんはなく、家族は全国各地で暮らしているといいます。ご主人を自然葬(海洋散骨)にする理由は、「お墓」を持つ選択よりも...
墓じまい

大分県は墓不足なのか?海洋散骨が選ばれる本当の理由

日本は世界一の高齢者国で、少子高齢化(人口減少)しています。お墓を引き継ぐ後継者がいない家、後継者がいても女性なので負担になるから、、、という人が増えています。 人が必ず迎える最後は、誰にとっても考えたくないことでしょうが、、、、かと言って...
自然葬とは

海洋散骨が選ばれる社会的な背景とは?

現代社会では、伝統的なお墓を持つことについて再考する人々が増えてきています。この背景にはさまざまな社会的な問題が存在しています。 経済的負担: お墓や納骨堂は、購入および維持のための費用がかかります。土地価格の高騰、さらには墓石の価格、年間...