管理者 - 大分で海洋散骨 一般社団法人まるっと終活大分支援協会 - Page 37

管理者

終活

大分県の家族葬?直葬?海洋散骨?

通夜や葬儀は、近親者や知人、地元の住民が集って故人を見送る儀式。故人との関係が近ければ近いほど、 ・あの人はこんな葬儀を望んでいないはず。・どうしてあの葬儀社に頼んだの!?・●●家は代々あのお寺に戒名を頼むのに。 どことなく葬儀や法事の場に...
お墓について

墓を建てない「永代供養」の選択 納骨堂、樹木葬、そして海洋散骨/大分県

ここでは、永代供養の代表「納骨堂」「樹木葬」「海洋散骨」についてお話を進めていきます。永代供養を検討している方はぜひお読みください。 ただ、民間と公営、宗派の違いや、その場所ならではの特徴など比較しきれないこともたくさんあります。こちらの情...
お墓について

納骨堂と海洋散骨?その種類と選び方について/大分県

今の日本、人口は減っているというのに、マンションや新興住宅地はなぜかどこかで建設が進んでいる…。人口が集中する東京(首都圏)なら分からなくもないですが、人が流出する地方大分県でも頻繁に、マンションのCMや、整然と並んだ住宅地を割安に販売する...
お墓について

お墓のお引越し 改葬ニーズの高まりと墓じまいと海洋散骨/大分県

サラリーマンを引退してもまだまだ元気。健康寿命の伸びを感じる団塊の世代にとっては、自分がお墓に入ることをなかなかイメージ出来ない人が多いかも知れません。 団塊の世代が幼少期だったころ、「火葬してお墓に納骨」が大衆化した時代です。 幼少期の経...
お墓について

大分県/お墓を買うか守るか?ではなく墓を持たない=海洋散骨の選択もあります。

自分が死んだときには、お墓に入るんだろうな…とぼんやり想像している人は多いでしょうが、実は、死後の弔いにお墓は必須…ではない!ことをご存じですか? 高齢化時代から、超高齢時代に移り変わる日本では、年々デイサービス施設が増え、墓地が減少してい...
自然葬とは

大分県でもスタートした海洋散骨とは?

自然葬とは お墓に入らず自然に自分を「還す」こと。 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、お墓に納骨するのが一般的です。もちろん大分県も例外ではありません。所どころ土地の風習や慣習の弔い方もあるでしょうが、おおよその流れは同...
お客様の声

【手元供養】お墓に入らずに海洋散骨してもらうことにしました。 (大分県在住 …

主人の両親を見ていて、夫婦の間のいろんなことを考えさせられました。 「夫婦仲が悪い」といってトラブルになる話は良く聞きますが、仲が良いから起こってしまう事もあるんです。 どちらかが先だった後、残された連れ合いはどうなるのか… 生きている間の...
お客様の声

【生前予約】旅立つ時は1人。だから私は海洋散骨を選びます (大分県在住 60…

生まれも育ちも大分県で、結婚した主人も同じ大分県の人。 大分県から一歩も県外に出ないまま、この歳になりました。 子どもが独立して県外で生活するようになってから、自然と、私たち夫婦の先の生活を考える時間が増えていきました。 夫婦で話すとどうし...
お客様の声

【墓じまい】震災がきっかけで大分県で海洋散骨をお願いすることにしました (福…

ここ10年くらいの間に、日本全国で自然災害が起こりましたよね。 特に九州では、豪雨や地震といった、人の力では止めようもない災害が本当に多くありました。 正直、一度自然災害が起こると、どうしようもない疲労感と虚無感に堕ちます。「人間って無力だ...
メディア掲載実績

【TOS テレビ大分】に取材されました